ニッセイ・インデックスバランスF(4資産均等型)の国内債券は必要なのか

金利と債券価格の関係 お金と投資

投資を考えているけど、株式100%だとリスクが大きい。でもバランスファンドだと国内債券って不要なのでは?

そう思っている人は多いと思います。私も昔に同じように考えていました。Twitterで読者の方からご質問も頂きました。

記事内容は、国内債券がもたらす4資産均等型の中での効果について紹介したものです。株式と債券を組み合わせる事でのリバランス効果は多くの人に有効と思います。

当サイト(氷河期ブログ)では、何度か国内債券について記事にしています。リンクは新しいタブで開きます。

ゼロ金利の日本において、意味どころか損する可能性の方が高そうな国内債券ですが、私としてはバランスファンド内では無視できない効果がある、と思っております。

国内債券やバランスファンドでお悩みの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

バランスファンド内の国内債券について

債券価格と金利は天秤のようなイメージです

国内債券インデックスファンドは、日本の国債を中心に運用されています。債券価格は金利の上げ下げで以下のような動きが起こります。

  • 長期金利が上がれば利回りの低い債券より魅力が減るので、価格が下がる。
  • 長期金利が下がれば利回りの高かった債券は魅力的なので、価格は上がる。

下記の画像は大和証券(債券価格と金利の関係は?)からの引用です。

金利と債券価格の関係

でも、日本ってゼロ金利が続いていたので、利上げがあると債券価格がマイナスになっちゃいますよね?

持っていると損をする資産としか思えません。このような事を踏まえて、Twitter経由で質問を頂きました。

バランスファンド内では、どういう形で現れるのでしょうか。利上げで債券価格は下落するが、利回り上昇分が口数アップという形で現れるということでしょうか。

だとすると、今後の利上げリスクもあまり考えなくても良いかも知れません。

管理人は市井の人で、投資のスペシャリストでも何でもありませんが、下記のように考えています。

国内債券は長期金利が1%上がると、大体9%くらい損失します。基準価額が下がるので、追加購入をすると口数は増えていきます。

※2019年1月11日時点での大雑把な計算です。

追加購入をしない場合、利上げ効果はゆっくり反映されて基準価額が上がっていきます。(大半は金利が低い国債中心で、償還期間が長いためです)

詳しい人から見て、間違っていたらメッセージ頂けると嬉しいです。すぐ修正します。

 

バランス4資産均等型の中でこそ国内債券は輝く資産

未来は明るい可能性の方が大きい

価値がないかと思っていたら意外と有望かも

4資産均等型だと、9%を損失しても四分の一なので年2.25%です。分散投資のおかげですね。

そう思うと株式100%運用に比べ、全体の値動きを抑えつつリバランス機能も備える国内債券大きな魅力があります。

株価と金利は切り離せない関係でもあるので、急な金利上昇は株価へ影響します。

その時に、株が下がっていれば債券を売って安い株を買う。反対に株が上がっていたら、株を売って安い債券を投資信託内で自動リバランスをしてくれます。

金利が回復をすると国内債券インデックスファンドは魅力的な商品

例えば金利が1%上がったら、期待リターン1%というアセットになります。(即では無く時間をかけてですが)

長期金利2.0%くらいになると魅力的ですよね。株式の値動きリスクより安定した利回りが欲しくなります。

ただ、個的な想像だと、一年で長期金利1%もあげちゃうと、住宅ローン組んでる人や銀行から借り入れをしている中小企業はかなりダメージを受けます。

一年で2%まで上がっちゃうと、庶民は地獄をみるでしょう。日本株式も凄い事になってそう。。

それでも4資産均等型だと国内債券が全体に与える損失は4.5%程度と読めるのは良い部分です。

ななし
ななし

もちろん金利の未来は誰にも当てられませんが、個人的には徐々に損をするけども新しく入ってくる利回りの良い国債部分に期待は出来るかな、と思います。

いきなり大損する確率は少なく、徐々に損はするかも知れない。代わりに他の日本株式、外国株式、海外債券とのリバランス効果に期待ができそう。

リーマンショック前までは良い商品だったんですけどね。。金利が読めないのは、海外のヘッジファンドが日本国債の暴落へ売り仕掛けをして死屍累々の結果が参考になります。

国内債券(野村BPI)30年リターン

画像はmyINDEXより引用です。スマホで見られる方には字が小さくてスミマセン。。

 

株式100%の運用は思ったリターンにならない可能性あり

【神】シーゲル神画像

有名なシーゲル神画像です

過去において株式、債券、金といった資産のうち、もっとも高いリターンをもたらしたものは株式投資でした。

200年の超長期リターンはインフレ調整済みで6.7%です。市場全体に投資をして、長期保有をすると誰でも年平均6%のリターンを享受できるかというと、現実は少し違ってきます。

リターンが大きいという事は当然リスクも大きいです。大きいリスクはその自重でリターンを潰してしまう可能性もあります。

個人的には国内債券は不要とは思っていなくて、むしろ金利が上がって魅力ある商品になる事を期待しています。

私自身は、リスク資産(株式)半分、無リスク資産(定期預金)半分というカウチポテトポートフォリオです。定期預金なのは、国内債券が読めないなら現金で十分と思っているからです。

スポンサーリンク

つみたてNISAではリバランスが難しい

老後試算2018年12月29日時点

管理人の2018年末時点のポートフォリオ

資産全体でリスクコントロールを出来るなら問題ありませんが、つみたてNISAで株式100%の運用で将来を夢見てしまうと、手痛い事になる可能性はあります。

20年キッチリと投資と保有をすれば、もちろん素晴らしい結果を得る可能性は高いです。

それは2018年10月~12月の急落にも動じず、淡々と投資を続ける覚悟と精神が必要です。

それでも暴落等で報われない可能性もあるのが株式投資です。

だからといって儲かっている時に利益を確定してしまうと、つみたてNISAの非課税という恩恵は無くなってしまいます。

つみたてNISA内でリバランスをしてくれるバランスファンドは20年という長期で運用する時にこそ価値があると思っています。

ななし
ななし

ただ、あまり人気が無いんですよね。。

気になる商品ですので、余剰資金を使って長期的に動きを見ていこうと思います。

結果として儲かれば嬉しいですし。笑

 

まとめ

  • 国内債券がマイナスになった場合は勿論バランスファンドはマイナスになる
  • 株式よりも比較的マイナス幅は想像しやすい
  • バランスファンドではリバランス効果で輝く存在

つみたてNISAだと、株式100%の場合にリバランスが難しいです。ゆっくり投資を始めるのに、やはりバランスファンドは最適と思っています。

貯金やiDeCo等も含めた全体の資産を見ていくようにしたいですね。

 

関連記事です。

ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)は長期投資に最適の一手

国内外の株式と債券に25%ずつという分かりやすい投資信託です。

下がった資産を安いときに買っておくリバランス効果を発揮しやすいバランスファンドでもあります。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました