2分でOK!楽天証券「つみたてNISA」カード決済の設定方法。画像8枚

⑤引き落とし口座に楽天カードクレジット決済を選択 つみたてNISA
お悩みさん
お悩み猫さん

楽天証券でカード決済をするとポイントが貯まってお得らしい。でも、実際は設定とか面倒なのでは?

そう思う人は多いと思います。実際、私がそう思っていました。

記事内容は、楽天カード&投信積立を使った設定方法(やり方)をスクリーンショットを交えながら紹介をしていきます。思ってた以上に簡単でした。

記事通りに行えば2分で設定完了します。どうしようかな?と思っていた方がいたら絶対にした方がお得です。地味に楽天ポイントが貯まりますので。

私は2019年1月より参戦組です。カード決済の場合、2月1日から引き落としとなりますので、1月分が買えずに枠が余ってしまう現象が起こります。

そちらの対応策も書いております。2019年から始める方の参考にもなりましたら幸いです。

スポンサーリンク

楽天証券でカード決済&投信積立をする設定方法

準備物を用意していれば、2分で終わります。

事前確認

事前準備として、下記の物が揃っているかをご確認ください。

これが揃っていればOKです。

ななし
ななし

私は妻の分もやっておこう、と思いましたが、楽天アカウントが分からなかったので、まだ出来ていません。

実際の設定方法

まずは楽天証券にログインをします。

PCでの画像になりますが、スマホでも問題なしですChromeの右上3点マークを押し、設定からPCにチェックを入れると全く同じ画面になります。

3点マークをタップして設定を開く

PC版サイトにチェックを入れる

表示範囲が小さくなりますが、私はPC版の方が使いやすいので画面を広げたりしながら使っています。

 

①ログイン後ホーム画面から投信をクリック

ログイン後ホーム画面から投信をクリック

赤い□で囲われている部分です。

 

②ランキング等から目当ての商品を探す

②ランキング等から目当ての商品を探す

投信をクリックして少し下に行くと、色々な探し方が出てきます。

積立投信の人気商品が一覧になっているので「今回はランキングから探す」をクリックして探してみます。

 

③積立てる投信をクリックする。今回選んだのはS&P500投信

③今回選んだのはS&P500投信

私の「つみたてNISA」で楽天カード決済と合わせて、積み立てていく投資信託です。人によって商品は変わると思いますので、ご自身に応じたものをお選びください。

 

④選ぶと商品購入画面になるので、つみたてNISA積立注文をクリック

④選ぶと商品購入画面になるので、つみたてNISA積立注文をクリック

ここにたどり着けるならどんな方法でもOKです。つみたてNISAでの積立注文をクリックします。

トップ画面で「NISA、つみたてNISA」から探すより、この方が早いと思います。この画面にならないと無駄にループして時間が取られます。私が探せず困ったので備忘録でもあります。

 

⑤引き落とし口座に楽天カードクレジット決済を選択

⑤引き落とし口座に楽天カードクレジット決済を選択

やっとクレジットカード決済が出てきました。

月額上限は5万円までと書かれていますが、つみたてNISAなので、ポイントが丸取り出来てしまいます。

貯まったポイントを後で同じ商品を買えば1%多く保有できますし、毎月の積立に使えば翌月以降1%安く自動で買い付けが出来るようになります。

ななし
ななし

めちゃくちゃお得ですね。珍しい投資世界でのフリーランチ(ただ飯)です。

 

⑥購入金額を決める

⑥購入金額を決める

そのまま少し下に行って購入金額の設定を入力していきます。

※積立タイミングは毎月で大丈夫です。毎日にすると取引明細書が恐ろしい量が来てうんざりします。

積立金額を入力して、再投資型をクリックします。

ポイントに目がくらんで設定金額を多くすると、思わぬ暴落で手痛い目にあう事があります。自分のリスク許容度に応じた金額にしましょう。

ななし
ななし

ポイントは改悪の可能性もあります。おまけと考えましょう。目的は楽天ポイントを貯める事より将来の資産形成ですよね。

下の緑枠で囲んだ部分ですが、私の場合、2月1日からスタートになり1月分が埋まりませんでした。これは困る人も多いでしょう。
そういうケースの場合、少し下に行くと自動的に今年のつみたてNISA枠を最大限利用する(増額の設定)というオプションが出ます。

不足する金額を埋める方法

ポイントを全て欲しい人は目安限度額が出るので、その金額を入力しましょう。

上記のケースだと1月の33,333円分が余ってしまうので、2月~11月を月3,030円を増額して埋めていきます。

他にはボーナス月を使ってスポット購入という方法もありますが、楽天カード決済ではボーナス月設定は出来ません。毎月5万円までの上限が関係しているのだと思います。

 

⑦カレンダーを見て、最終の注文確定をします

⑦カレンダーを見て、最終の注文確定をします

全てOKなのを確認して「注文する」をクリックします。

楽天カード決済は毎月12日が締め切りで、翌月1日に買い付けをしてくれます。カレンダー機能はかなり親切で、間に合わない時期なども教えてくれます。

私の場合は2月1日からとなっていますね。1月をボーナス月としてスポット購入をしたり、1月分で不足するものを、毎月増額して購入も可能です。

 

⑧無事、積立完了を確認

⑧無事、積立完了を確認

画像通りやっていけば、ここで積立注文が終了できます。心配な場合、積立履歴照会で確認が出来ます。

 

⑨積立状況設定で確認や変更も出来ます

⑨積立状況設定で確認や変更も出来ます

毎月の積立金額が多すぎた場合、途中で減らすことも可能です。上記画像は月30,000円に減らしたものですね。

楽天証券は感覚的にも使いやすく、変更もしやすいので助かっています。

設定は以上になります。お疲れさまでした。

 

2019年途中から「つみたてNISA」を始めて、40万円の枠を使い切りたい場合

2つの方法があります。

  • 残りの月を増額して埋めていく方法
  • ボーナス月を利用してスポット的に埋めていく方法

残りの月を増額して埋めていく方法

こちらは途中参戦なので、毎月多めに埋めていく方法です。

楽天カード決済での画像説明 ⑥購入金額を決める で出てきたやり方です。

不足する金額を埋める方法

不足する金額を埋めていく方法ですね。月によりバラつきが出るので、きっちり40万円は埋まりません。

個人的に何となく嫌なので、下記の設定をしました。

 

ボーナス月を利用してスポット的に埋めていく方法

①ホーム画面の投信、積立設定、設定照会の順にクリック

①ホーム画面の投信、積立設定、設定照会の順にクリックをしていく

この画面で、一度、積立設定を解除します。

設定の解除

右の赤枠の解除をクリックします

あとは、もう一度同じ商品を選び、下記の通りに設定をします。商品を選ぶ手順は投信→少し下にすすむ→ランキングから選びました。

※せっかく設定したものを解約は手間に思えますが、記事通りやれば次は2分以内で終わりますよ。

 

②ボーナス設定ではなく引落方法を証券口座で選ぶ

②ボーナス設定ではなく引落方法を証券口座で選ぶ

積立タイミングは毎月を選びます。

その下の積立指定日は、ご自身の都合の良い日を設定しましょう。私の場合、一番早い1月7日に設定をしました。

 

③証券口座で積立をするとボーナス設定が可能になります

③証券口座で積立をするとボーナス設定が可能

つみたてNISAは月最大33,333円ですので、ちょうど良い数字を計算しながら試してみてください。

私の場合、33,000円を毎月積立にして、初回だけボーナス月で4,000円という方法を取りました。

 

④増額設定をしてコントロールをする

④増額設定をしてコントロールをする

増額設定側で必要な分をスポット購入をして調整をします。

これで綺麗に今年の積立想定額が、きっかり40万円になりました。あとは、買付がしっかり出来ているかを確認します。

その後は、積立設定の解除をして、本記事のトップページより同じ作業で楽天カード決済をすれば大丈夫です。
ななし
ななし

忘れっぽい人はカレンダーアプリやリマインダーを用意しておきましょう。念のため、当ページをブックマークに入れておけば万全ですね。管理人も喜びます(笑)

 

おわりに

ページ自体を見ていると長く感じますが、設定は本当に2分くらいで終わります。

ちょっとした手間で、毎月つみたてNISAを積立しながら買付額の1%を貰えるのは大きなメリットです。

出来れば貯まったポイントで同じ投資信託を買い付けすると、資産形成に大きく貢献してくれますね。

2018年は相場の値動きがありましたが、つみたてNISAは20年間の非課税期間があります。コツコツ貯めながら、短期的でなく長い目で育てていきたいですね。

お互いに頑張りましょう。本記事が参考になりましたら幸いです。

楽天カード
  • 年間手数料無料
  • 利用の1%が楽天ポイントに(期間限定ポイントはふるさと納税で消費可能)
  • 楽天ポイントは未来へ投資(管理人はAmazon使いつつ決済は楽天カード)

 

関連記事です

つみたてNISA2037年問題!今年からだと最大760万円しか非課税枠が使えない
つみたてNISAの制度期限(2037年)はすぐに解決されるかと思っていましたが、まだ時間はかかりそうです。

勝手に名付けた「つみたてNISA2037年問題」ですが、2019年1月2日時点ではまだ解決していません。

現時点だと最大投資枠が19年×40万円=760万円になります。今年やろうと思う人は早めに申請だけでもしておいた方が良いと思います。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました