英国株式の長期リターンをPDFで公開します。他の先進国リターン参考用

ビッグベン お金と投資

アメリカ以外の先進国の長期株式リターンを知りたいと思う人はいると思います。

例えば、かつての覇権国であるイギリスとか。私は気になっていました。

記事内容は英国を代表するFTSE100指数をWikipediaで調べられるデータを手入力してエクセルで加工したものです。PDFで見られるようにしております。

英国を調べようとすると中々詳細データが見つかりません。他の先進国でも株式は長期で成長しているのか。気になっている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

FTSE100英国大型株の長期リターンをPDFで公開

PDFリンクFTSE100長期リターン

データ元はWikipediaです。

1969年から2017年までの指数の推移を単純にエクセルに打っただけですが結構便利なのです。

横軸に長いのでスマホでは見にくいかも知れません。PCやタブレットで見る方が楽ですが、参考なので適当にみてください。

リターンが各年ごとに10年、20年、30年保有リターンを簡単に見ることができます。

 

1969年からの長期チャートです。こちらもWikipediaより引用です。

FTSE100チャートWikipedia

チャートで見ると2000年以降は、ぱっとしないように見えます。

PDFから2000年以降のデータを一部抜粋します。

2000年以降の一部抜粋

PDFでは淡い赤塗は10年保有、水色は20年保有と色分けしています。

2000年を100とした場合、2009年には104とほとんど変わりない数字になっています。ITバブル崩壊とリーマンショックがいかに大きいかが参考になります。

米国株に比べ、無配当で企業価値をひたすら高めるようなAmazonやGoogleといった成長企業よりも、安定した収益をしっかりと配当で出す成熟企業が多いです。

配当を考えた数値で見ると、もう少し良い数字になると思います。各年の配当データが無く完璧なものは出せずに申し訳ありません。

また実際には通貨がポンドの為、為替によるリターンの変動も大きいです。しかし、為替リスクは超長期は金利差で収れんするので長期ではそこまで気にする必要はないでしょう。
※先進国債券の超長期では、金利差は為替の変動で相殺されてます。そして国内債券と変わらないリターンに落ち着きます。

スポンサーリンク

 

補足事項説明

PDFを見るときの補足説明です。

年末終値

その年の終わりの数値です。1969年を313として数値化しています。

FTSE100という指数は1983年12月31日を1,000とする数値です。それ以前のデータはWikipediaさんがやってくれました。

 

増益率

前年に対する増益率です。100%以下はマイナスの年になります。

 

縦軸の薄い赤色セルと水色セル

その年からの10年間、20年間を色塗りしています。

縦軸に見ていくと最終部分が20年保有した場合のリターンが分かります。

 

FTSE100の長期データ(PDF)を見て分かること

10年保有でマイナスだったのは、保有した最後の年がITバブル崩壊をした時と、2008年リーマンショック時のみという事です。

20年保有でマイナスはありません。配当を再投資すると、まずますのリターンが出てきます。

下記画像はmyINDEXより円建てデータでの引用です。指数はMSCI英国(円建て)大型中型株という時価総額85%を占めるものです。すこし違いはありますが似たようなので代用します。

ありがたい事に円建てで配当込みのデータです。

myINDEX円建てデータ

30年保有は株式らしいリターンです。10年、20年リターンは配当込みでこれは厳しい結果。。

平均性の回帰を考えると、今こそ英国株を買いたいのですが、残念ながらNY市場ではFTSE100連動のETFは買えません。

楽天証券などの海外ETFはNY証券取引所であり、ロンドン証券取引所での取引は出来ません。

また、日本でFTSE100連動のETFを買う事が出来ますが、出来高が少なすぎて上場廃止リスクが高すぎます。

 

おわりに:かつての覇権国も長期株式リターンは信頼できそう

個人的にはここ10~20年間が、英国株にとっての受難の時代で株式低迷期だと感じました。

長期で保有する場合は、株式が持つリターンを期待しても問題はないと思いますが、先進国全体に投資をした方が無難です。

英国株単独で投資する手段は少ないので、先進国株式インデックス等に分散投資でも近しいリターンが得られる参考となるのではないでしょうか。

 

関連記事です。

FTSE100英国大型株は高配当グローバル企業の集大成!魅力的目柄が満載
誰もが知っている銘柄も多く、高配当銘柄のパッケージ指数となっています。日本で買えない事もありませんが、まったくもってオススメ出来ません。

FTSE100英国大型株指数の紹介です。個人的に好みの銘柄が多かったので保有したかったです。

S&P500の長期【実質リターン】をPDFで公開します。30年、40年、50年、60年も簡単に見れます。
常日頃、平均リターンではなく実質リターンを確認すべしと言っているので自作したものをPDFで公開します

S&P500をWikipediaで調べてPDFにした記事です。長期の株式リターンを見る際の参考にどうぞ。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする