ベストバイストック2019開催中

音楽サブスクリプションの体験用に
Amazon MusicUnlimitedが4ヶ月99円

詳細はこちら

生命保険:「じぶんの積立」を契約したけど押し売り営業は無かった

未来は明るい可能性の方が大きいお金と投資

iDeCo、ふるさと納税といった具合に税金を上手く扱う人が増えてきました。

税金を少しでも少なくして、それを投資に回すと効果は絶大ですよね。

 

記事内容は、明治安田生命「じぶんの積立」を恐る恐る契約したのですが【保険の押し売り】【しつこい営業】は一切無かったという報告です。

生命保険としては月5,000円の現金貯蓄系、生命保険控除が使えて節税可能、いざとなれば棄損無しで全額返金という、まさに反則級の保険です。

外部リンク明治安田生命「じぶんの積立」

 

資産形成をしていくと現金が貯まってくるので、無駄な保険に入らない人もいるかも知れません。私はこの考え方に近かったです。

保険控除枠は年間8万円使えるので、その分が利回りと考えると債券替わりの有利さはあります。

お得な金融商品であることは確かなので、過去記事も交えてご紹介します。

どれくらい得なのか?|35,000円分控除でお得

過去記事の引用です。

月5,000円を積み立てると年間6万円。控除額は新契約で4万円超8万円以下なので、支払保険料÷4+20,000円=35,000円となります。

私の所得なんて知れていますが、大体1万円くらいの節税効果が見込めます。年6万円の投資でのリターンを考えると尋常ではない数字が出てきます。

ちょっと説明が足りませんので補足します。

控除というのは、全額戻ってくるわけでなく、働いて得た所得からから差っ引くと思う方が良いです。

 

年間の支払保険料が40,000円超80,000円以下の場合、支払保険料等×1/4+20,000円が控除できる額=35,000円となります。

この分を、所得から引いてくれて再計算してくれるわけです。

 

ざっくり20%くらいで計算しても良いですし、前年の源泉徴収票を用意して明治安田生命の中の人に節税金額を聞くのが一番良いでしょう。

大体、担当エリアの営業さんから対面案内のアポ電話があるので、事前に節税金額も知りたい旨を伝えておきましょう。

 

営業さんが来た時に聞くのが一番良いです。(私はふるさと納税をした場合の影響を事前に教えて欲しいと失礼なお願いをしてしまいました。)

 

デメリット|お得な保険だが、対面販売でしか契約が出来ない

正直、これが一番のネックでした。タイトルに書いたように、対面販売しか契約をさせてくれないので、しつこい営業を断るのが面倒だなぁ、と。

私の担当さんが、たまたま良かったのかは不明ですが、契約後2回電話があっただけです。

新人さんだったようで、電話内容は保険約款?送りました~確認して下さい、銀行引き落としの案内送りました~の2回だけです。

入って3ヶ月経ちますが、後は何の連絡もありません。

 

私は一度会っただけで、全て終わりました。家の中に入る事もなく、玄関で手続きが完了しました。

近くの喫茶店で契約をしても大丈夫です。家の中でゆっくり話をしても良いでしょう。

私の場合、どこまで営業をされるか分からないので「子供もいるので、玄関前でも良いですか?」と確認をしたら全然良いと言われ、実際に玄関で話をして契約をしました。

 

まとめ

  • 貯蓄型生命保険を上手に使って節税が可能
  • ただし対面販売のみしか契約が出来ない
  • しつこい営業を心配していたが私の場合は今のところ問題なし

心配し過ぎたのかも知れませんが結果オーライです。

節税分で浮いた額でちょっとした贅沢でも構わないでしょうし、自分で行動して取り戻した税金なので、投資に回すのも良いと思います。

 

考えて行動をして節約できた金額と経験は、資産形成において金額の過多よりも大きなものになるでしょう。

もっと早く勉強しておけば良かったです。

 

資料の取り寄せなどはネットで申し込めますし営業されることもありません。もちろん無料なので気になった人はどうぞ。

外部リンク明治安田生命「じぶんの積立」

 

2019年8月4日追記

明治安田じぶんの積立を解約しました。引き止め等は一切無かったので入る人は安心して欲しい

収入減少に伴い解約をしましたが、押し売りもなければ無理な引き止めもなく、非常にオススメの保険でした。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました