Androidの「端末を探す」で過去の端末が出る場合の対処法

商品レビュー

Android標準アプリに「端末を探す」というものがあります。

非常に便利なアプリですが、過去の端末が表示されて気持ち悪いと思った人がいるかも知れません。私がそうでした。

赤枠で囲んでるアプリですね。

あまり無いケースかも知れませんが、私はスマホを2台保有しています。

たまたま、メインで使っている機種が見当たらず、初めて「端末を探す」アプリを使いました。

 

結果としては家に置き忘れていただけで事なきを得ました。

ただ、昔の端末が表示されていて気になったので、その対処法を記事にします。ついでに使った感想も書いています。

 

備忘録的なものですが、同じように悩んでいる人がいれば参考になるかも知れません。

スポンサーリンク

どんな感じで出るのかと対処法

すでに消してしまったのですが、アプリの画面です。

セキュリティ上の理由からか、スクリーンショットは撮れないようになっています。

赤枠の辺りに過去端末が表示されていました。(ピンボケしていてスミマセン。。)

落とした!と思っても、二台持ちだとすぐに調べる事が出来て便利です。手元にある場合、ちゃんと携行しています、と表示してくれます。

位置情報は勿論オンにしておく必要はあります。白く隠している部分は地図が詳細過ぎる為です。

 

過去の端末は全てデータ消去したはずなのに、なぜ過去端末の記録が出るのだろうと調べていたら、Google先生の仕様みたいです。

Googleアカウントで紐づいたものは、基本的に記録で残るようです。画像だとこんな感じ。

下の二つは完全に消去していて、SonyのXperiaZ5(グローバル版)はデータ全て消して売り払っているのに、記録が残っていました。怖っ。

 

「端末を探す」アプリ上に出るのは嫌なので、消したいのですがアプリからだと消せません。

消し方は簡単で、PCもしくはChromeのPC画面をオンにして、GooglePlayのページに飛んで右上赤枠の設定を押して、上記のメニューに表示する、というチェックボックスを外すだけです。

もっと古い端末は出ていなかったので、もしかすると期間があけば勝手に消える可能性はあります。

 

初めて使ってみた感想

端末を家に忘れただけだと思っていたので、大して不安にはならなかったのですが、もしもの時の為にテストで使ってみました。

地図は超正確でびっくりするレベルです。

拡大していくと、家のどのあたりにあるかも分かります。自宅だったので、どのWi-Fiに繋がっているかも書かれていて一層の安心が得られます。

 

もし、Android端末を使っていて、スマホを買い替える時は、念の為として古い端末は家で置いておく方が良いかも知れません。かなりの精度で場所が特定できます。

また、置き忘れてしまった端末の音を鳴らしたり、保護をしたり、最悪の次第ではデータを消す事も可能です。

Google謹製アプリですし、もしもの時の為に一度使っておくと良いかも知れません。

 

余談|サブ機を持っていて便利だなと思った点を少し

Google先生のおかげで必要な情報は全て同期しています。

メイン機が無くて困ったのは、lineで仕事終わったよー、何時頃には家に着くよーという連絡が出来ないくらいです。それさえもGmailで対応できます。

普段は、片一方で何かを調べながら、片一方で作業をするというのが楽というのもあります。地図を見ながらサイトを見るとか、サイトを見ながら電卓を使うとかですかね。

格安SIMさえ使えれば、月500円で1GBくらいのものもありますので助かっています。

DMMモバイルだとデータ通信飲みで月1GB、490円のプランがあります。

Amazonでエントリーパッケージを買えば、初期手数料の3,000円が不要なのは大きいですね。

昔はこういったエントリーパッケージも安かったのですが、格安SIMも普及が進んでいるのか、値段も結構上がってきています。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする