ものもらい。めばちこ。使い切りタイプの抗菌目薬が便利です。

商品レビュー

ものもらい。なりやすい人は一定数いると思います。私もなりやすい方です。

でも、眼科にすぐに行けるとは限りませんので、眼科に行くまでのしのぎアイテムとしてご紹介します。家に買い置きしておくと凄く便利です。

今日は、使い切りタイプの抗菌目薬のお話しです。

「あー、これはきっと、ものもらいだわ」と何となく症状が分かる人向けの記事です。

Amazonや楽天でも買えます。もちろんドラッグストアでも。

私の場合、春先になりやすいです。花粉症なのでダブルパンチです。

4月頃、普通に眼科に行って診て貰って抗菌目薬を出して貰ったのですが、これってAmazonで売ってないのか?と思ったのがきっかけです。ホント何でも売ってるなぁ。

ネットで調べると結構同じことを思っている人が多かったです。

その中でも年に数回なる人もいるし、開封すると日持ちもしないので、使い切りタイプがオススメとの事。

個人的には目からうろこです。世の中に、そんな便利なものがあるとは。。

使い切りな分、量は少なく割高ですが、眼科へ行くまでのつなぎである事と、そんなに大量に使うものでもないので、割高でも問題ありません。

と言っても1,000円もしないし、個人的には凄く助かっています。

医師でなければ、正確な症状や原因は分からないので、念の為に眼科には行きましょう。

ただ、急に午前休や午後休を取ったり、仕事を中抜けしてすぐに眼科へ行けない人も多いでしょう。

良くなる人は何となく「これは、ものもらいっぽいな」という感じが分かる人には良い商品と思います。

 

早速、お世話になったので写真とか

外箱です。上の方がピンボケしていてすみません。。

中身です。衣替えの季節のヤツみたいです。

更に封を開けると、こんな感じです。

ちゃんと製薬会社が作っているし、ドラッグストアで薬剤師さんに相談をしてから買うのも良いですね。

ドラッグストアくらいなら、仕事の中抜けでも問題ないでしょうし。

手洗いうがいも徹底しているのですが、なにぶん虚弱なのでしょうか、定期的に発症します。

せっかく便利なものを知ったので、使う機会が無い方が良いですが、どなたかの便利に繋がれば幸いです。

めばちこが一般的だろう、と思ってたら関西圏の呼び名で、通常は「ものもらい」が一般的だとかちょっと雑学を知ることも出来ました。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする