ふるさと納税はサラリーマンが間違いなく得をする制度

ふるさと納税と現金 資産形成

ふるさと納税を話には聞いたり、気になっているけど面倒でやっていない。そんな人も多いと思います。私も昨年末までそうでした。

実際にやってみたのですが、給料から住民税が天引きされてしまうサラリーマンは全員やった方が良いと思ってしまうくらい簡単でした。サラリーマン&OLさんに向けてふるさと納税のお得さを紹介します。

私の場合、自己負担2,000円でお米15kgを返礼品として貰い、住民税8,000円を先払いで納めている状態です。住民税を先に支払う以外、デメリットがほとんどありません。

ぜひ、ゆっくりとお読み下さい。

スポンサーリンク

なぜ得をするのか。正確には得ではなく控除です。

住民税は普通に支払う必要があります。

ふるさと納税=住民税の先払いと思った方が理解をしやすいです。
以下、説明です。

住民税について

住民税は前年度の所得に対して課税されます。2018年6月3日現在で言えば、2017年度の所得に対して課税されるという事になります。

金額が確定するのは、翌年の大体4~5月頃に会社に住民税の支払い納付書が届いて、経理の方が天引き手続等をしてくれて、6月以降の給与明細から引き落とされています。

ですので、住民税=後払いと思っておけばOKです。

時折、転職後に住民税の支払いがやってきてビックリするというケースは大半これです。

計算方法や正確な情報は下記サイトが非常に分かりやすいです。

外部リンク住民税額の計算方法

ふるさと納税の仕組み

住民税は通常働いた翌年の6月以降の給与から天引きがされていきます。

ふるさと納税は、この6月以降に天引きされる住民税を先払いしている、とイメージするのが一番簡単で良いと思います。

「ふるさと納税」はその名の通り「納税」です。が、寄付という名前になっているのが、混乱をまねく要因です。

 

私自身を事例としてあげます。

2017年12月に私は楽天市場を利用して10,000円を泉佐野市に寄付しています。注意点としては、自己負担が2,000円は必要という事です。

結果として、2,000円の自己負担は必要になりますが、2018年度に支払う住民税のうち8,000円を先払いしているという事になり、その分が支払う税金から「控除」されるという形になります。

ですので、私の2018年度に支払う住民税は当初予定から8,000円を引いた金額が分割され月々の給与から天引きをされます。

 

ふるさと納税を通して、支払う住民税を先払いする、という例が一番理解しやすい、と勝手に思っています。誤解を招く表現がありましたら、ご指導お願いします。

10,000円を「寄付」しただけでは、ただの2,000円損するお人好しですので誰もしません。代わりに寄付された市町村は返礼品を贈ります。私の場合は米5kg×3袋、計15kgのお米でした。

参考画像は下記です

2,000円の自己負担で、税金が先払い出来て15kgのお米が貰えるって結構凄くないですか?

我が家の家計的には大助かりです。お米は正義!

 

本当にお得なのか|管理人の場合

これも気になるところと思います。

私は下記のサイトで調べたものを参考にしています。

外部リンク「わが街ふるさと納税」の計算シミュレーション

ちょっと不足するくらいで丁度良いと思います。昨年末に会社から貰った源泉徴収票があれば、今年の給与と計算すれば近いものが出しやすいです。

不安な場合は、ギリギリ駆け込みになりますが12月の源泉徴収を受け取った後で計算して、使える枠を利用しましょう。

非常にざっくりした計算ですが、額面年収500万サラリーマン、専業主婦、子一人の私が5万円くらいと思って貰えれば分かりやすいかと。

 

50,000円を先払いした場合、自己負担2,000円で15kgのお米×諭吉さん5枚=75㎏のお米が手に入ります。

お米は正義!と書きましたが、どうせ払う住民税なら先払いで寄付して、お米を貰った方が経済的に助かる、という事です。

お米が不要で、ちょっと贅沢な果物やお肉を返礼品として貰う事も可能です。

興味のある方は下記のサイトをご参考下さい。

外部リンク【楽天市場】ふるさと納税

楽天市場の通常サイトとは違って見やすくて、ふるさと納税のことも分かりやすいです。

昨年までは還元率の高い商品券などもあったようですが、返礼品合戦になっているようです。昨年まで参加していなかったので分からないのです。すみません。

 

手間は無いのか?→ワンストップ納税を使うと非常に簡単です。

これまた、楽天のサイトが分かりやすいです。

外部リンク[ふるさと納税はじめてガイド] ワンストップ特例制度について

注文後、届いた書類に免許証とマイナンバーのコピーを貼って送り返すだけです。あらかじめ免許証とマイナンバーのコピーを5枚程度用意しておくと便利です。

ワンストップ特例制度を利用する事で、確定申告も不要になります。超便利!

年収2000万円以上の高額所得者は確定申告が必要ですので、あくまで普通のサラリーマン向けの話になります。

使用できる条件は

  • 1月1日~12月31日の1年間で寄附先が5自治体以下の方
  • 確定申告をする必要のない方

です。

旧ブログでワンストップ納税をした際の書類を写真で分かりやすく書いた記事があります。もし良ければ読んで頂けると幸いです。

旧ブログ関連記事ふるさと納税の書類が届いたので画像で分かりやすく説明していきます

 

まとめ

  • ふるさと納税は減税や還付ではなく支払った税金の「控除」
  • 住民税を先払いをして、2,000円の自己負担をする代わりに寄付先から返礼品を貰える制度(意訳)
  • 確定申告等、面倒な事はワンストップ特例を使う事で回避が可能
  • 額面年収500万円のサラリーマンの場合、自己負担2,000円を含めざっくり5万円を先払いして返礼品を選ぶ事が可能
  • お米に換算すると約75㎏を自己負担2,000円で得る事が出来る
  • つまり使わないサラリーマンは損しているレベル

楽天のサイトは見にくいと思っていましたが、意外に使いやすかったです。

無事、住民税の先払いを確認できましたので、短文記事を書きました。

ふるさと納税の寄付金額と控除確認!住民税通知書で簡単に見れます
ふるさと納税がちゃんと寄付=住民税の先払いが確認できました。

 

関連記事です。

節税で食う飯は旨い。ふるさと納税は米一択。
子供がいる世帯では、ふるさと納税で米を貰うのが最適です。

想像以上に楽天カード&楽天ポイントと相性が良いです。楽天カードをメインカードにするのも資産形成の上で良い方法だと思います。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする