長い付き合いの老後資産HDVを紹介【海外ETF】

保有銘柄紹介

HDVという海外ETFがあります。米国株式の高配当銘柄を集めたETFです。

記事内容は実際に保有しているHDVの紹介です。

合わせてS&P500連動のVOOや高配当ETFのVYMを選ばなかった理由も合わせてご説明しております。

スポンサーリンク

HDVとは米国高配当株ETF

ブラックロック社が運用するETFで、正式名称はiシェアーズ・コア 米国高配当株ETFです。

その名の通り、米国高配当株へ投資をするETFです。似たような商品としてはバンガード社のVYMがあります。

買った時は信託報酬0.12%だったと思うのですが、競争激化の為か0.08%と下がっていました。

信託報酬は数少ない投資家のフリーランチですのでありがたい事です。

 

直近の配当利回りは3.58%と高配当です。VOOといったS&P500連動のETFよりは高い配当利回りです。

高配当のデメリットとしては、ざっくり30%程の配当課税がある事です。米国で10%、日本で20%引かれます。

米国分は確定申告で取り戻すことが出来ますが、米国で引かれた10%全てが戻ってくるわけでは無い点に注意が必要です。私は面倒なので放置しています。

 

保有銘柄数は75銘柄。ETFとしては分散少な目ですが、個人的には十分です。同じ米国株高配当ETFのVYMは約400銘柄です。

特徴としてはVYMと比べた場合、石油セクター多目、金融セクター少な目になっています。

最近の組み入れ銘柄上位10社です。XOMとCVXで15%を占めています。PGも4.13%と大きいです。

石油銘柄依存の影響でここ最近はぱっとしません。あと、P&Gの株価もぱっとしないので、S&P500と比べると高配当を謳いつつ負け犬と化しています。

スポンサーリンク

チャートでVOO、VYMと比較

設定来のチャートです。分かりやすくS&P500連動のVOOと比較をしています。

濃い青がHDV、水色がVOOです。

高配当を維持しつつ、S&P500と大きく離れず、良いリターンを叩き出していたのですが、2016年中盤以降は石油銘柄の下落に伴い、大きく水を開けられています。比率の大きいP&Gもこれに加担しています。

伸びは小さく、2018年初頭の下落は同様という厳しい状況です。

 

対VYMのチャートも用意しました。VYMの設定が新しいので5年チャートです。

濃い青がHDV、水色がVYMです。やはり2016年中盤から大きく引き離されています。

 

なぜVOOやVYMにしなかったのか

率直に言うとシーゲル派が好きな銘柄が少数精鋭でまとまっていたから、です。

あとは、リーマンショックでの金融株の下落を見続けていた後の設定なので、その点も後押ししています。リーマンショック前にBACを買っていたのもあります。

まさかオイルメジャーがここまで苦しむとも当時は思っていなかった事もあり、自身の浅はかさと未来は分からないを教えてくれる金融商品です。(とはいえ、配当含めそこそこリターンは出ています。)

また、大体同じくらいの金額でVT(全世界株式ETF)を保有しています。こちらもS&P500に及んでいませんが、両方とも超長期でみれば現金保有のみよりも報われることの方が多いでしょう。

 

永久にオイルメジャーやP&Gが市場に負けっ放しかというと、個人的には楽観視していたりします。自分を信じるより、欧米のエリート達に任せている方が良い結果がでるでしょう。

悲観視されている今のうちにちょこちょこと買い増しをしています。(通常NISA枠は楽天証券が買付手数料キャッシュバックしてくれるので)

上がり過ぎたものはいずれ下がるし、逆もまた然りです。VYM投信は最近楽天証券が出してくれたのは想定外で嬉しい事です。

VDC投信も期待したいところ。。

今までは現金を貯めつつ、適当なタイミング(本当に適当)で買い増しをしていましたが、子供が大きくなって教育費諸々も高くなるので、投資はつみたてNISA二人分でいっぱいいっぱいになりそうです。

そこではVTI投信を設定予定なので、配当再投資用に楽天VYM投信は検討中です。

 

まとめ

  • HDVは米国株の高配当銘柄ETF
  • 似たようなVYMに比べ銘柄数少な目、金融少な目、石油多目
  • リターンは、今のところぱっとしない
  • 悲観視されているのでチョコチョコと買い増しをしています

ちなみにS&Pに比べるとリターンは冴えませんが、HDVに採用されているクラスの企業が倒産とかなると零細勤務の私なんかは投資どころではなくリストラされて明日の食事をどうしようか、というレベルになっています。

そうなったら老後までリスク資産を維持しつつ田舎で夫婦共々パートでも探してセミリタイアしそうです。

 

関連記事です。

高配当戦略の苦戦について思うところ
高配当戦略の主要なシーゲル銘柄がぱっとしませんが私の考えを書きます。

上げ相場では高配当戦略は成長株に負けてしまう事が多いです。しかし負ける事があるからこそ、超長期でリターンが出る、という内容です。

 

高配当戦略については、上記の本が最良です。数々のシーゲル信者を生み出した経典です。何回読んでもテンションが上がり、内容も面白いです。

ちょっと高いので図書館で借りるのが良いですね。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする