明治安田「じぶんの積立」はめちゃくちゃお得過ぎる節税保険

じぶんの積立パンフレット お金と投資

節税に興味はあるけど面倒だよね、と思っている人は多いと思います。

Twitterでフォローしている人から教えて貰った明治安田生命の「じぶんの積立」を検討し、老後用資産に加えました。保険なのに超有能商品なのでご紹介をします。

控除枠がある人は簡単に節税が出来るので、ゆっくり読んで検討をしてみて下さい。管理人が知る限り、これ以上に有利な保険はありません。

スポンサーリンク

どんなメリットがあるのか

生命保険料控除が使用可能です

月5,000円を積み立てると年間6万円。控除額は新契約で4万円超8万円以下なので、支払保険料÷4+20,000円=35,000円となります。

私の所得なんて知れていますが、ざっくり年1万円くらいの節税効果が見込めます。年6万円の投資でのリターンを考えると尋常ではない数字が出てきます。

生命保険料控除は最大8万円で4万円の控除なので、入っている生命保険次第では全くメリットがないのでお気を付けください。

損保ジャパンのリンクと画像も貼っておきます。

生命保険控除限度額

引用元:損保ジャパン生命保険料控除の限度額はいくらですか?

我が家は妻の掛け捨て医療保険が年間24,000円くらいなので、ちょっと勿体無い感じです。

デメリットはないのか?

考えられるとすると、保険会社からのガンガンくる勧誘でしょうか。私は一撃で断りますが。

営業に弱い方はスルーしておくのが良いかも知れません。もし営業があれば、追記で報告しようと思います。(現在資料請求済み、発送待ち)

私の場合、押し売り営業等は無かったです。

関連記事生命保険:「じぶんの積立」を契約したけど押し売り営業は無かった

かなり警戒していたので拍子抜けしたくらいです。

簡単な商品紹介&どれくらいの運用出来るのか

ざっくり言うとこんな商品です。

  • 解約時の返戻率はいつでも100%
  • 払込期間は5年で終了
  • それ以降は10年まで保有出来てちょびっと利率が付く
  • 災害死亡金支払いとして払込額の1.1倍が支払われます

保険控除使える現金とほぼ一緒です。(意訳)

本当にそんな商品あるのかよ、と思われる人もいるかも知れませんがちゃんとあります。

商品リンクはこちら。

外部リンク手軽な積立保険「明治安田生命」じぶんの積立

 

私が尊敬してやまない山崎元氏が個人的には納得はいかないがお得でお勧めと書いているので、現時点では最強クラスの商品でしょう。

外部リンクめちゃくちゃ「お得」でお勧めの保険、でも納得がいかない理由

確か、山崎先生のコラムで見ていたもののスルーしていて、今になって勿体無いし控除分を貰おうとしている次第です。

 

遥か昔に山崎本を見てから、基本貯金があれば保険不要派なのでスルーしていました。自分の掛け捨て保険は、スノボに行ったりバイクに乗ってたので自爆ケガ用の保険でした。

使ったのは違う理由ですが、支払った以上に受け取っているのでお守り代わりに継続していました。残念ながら今年で全労済ともお別れとなりました。

妻の保険は昔から入っているという理由と、大した負担の金額でもないので継続です。もし妻に何かあった際の保険として置いておきます。私自身の事よりも、妻に何かあった時用にそろそろ真面目に保険を考える時期かも知れません。勉強せねば。。

 

Twitterで見て、実際入っている人に即相談とか出来るのは大きいですね。お名前出せませんが超絶感謝しています。ありがとうございます!

 

お得ではありますが、大した金額は使えません。生命保険控除を利用したいのが最大目的ですので、我が家では6万円×5年分の30万円です。

節税分はiFreeS&P500インデックス投信でも買っておきます。若いサラリーマンに最適な商品なのかも。

10年保有すると103%で払い戻しという特典がありますが、私は魅力を感じないので私は5年ループを繰り返します。

当初は積立期間5年なので、毎年、即解約でセルフラダー可能と思っていましたが、生命保険会社は私のような姑息な考えはお見通しでした。

届いた資料を見ると、払込期間終了後に解約をした場合、3年間は同一の保険に加入できないと書いています。

満期通り10年周期で保有を考えた方が良いですね。ご注意を。

 

とりあえず私の対応と考え

おとなしく60万円を用意して10年が無難のようです。そもそも、この反則級の保険が10年後に認められているかも分かりません。

あと、いつ解約しても元本は問題なく保証され保険控除の対象なので、深く考えなくても良いのかも知れません。

 

ちなみに届いた資料には申込書とかは入っていません

ネットで資料を取り寄せて、この保険だけ入られたら保険会社としては鴨を逃がしてしまうので、自社商品の電話営業をされるくらいは覚悟していましたが徹底しています。

それどころか、契約の仕方も分かりにくいです。あまり中身を公開すると問題があるので、案内文と届いた資料だけ写真を貼ります。

ご案内申し上げることがあります、と。こっちから連絡しないと申し込みも出来ないかも。。

頼んでいないのに「ひとくち終身」を入れてくれるのは、きっと先方のサービスでしょう。

入っていたのはこの案内文とパンフレットだけです。

とりあえず翌日に電話をして申し込み書の相談をしました

パンフレットの裏にフリーダイアルが書いていたので気兼ねなく電話出来ました。

電話確認で分かったことは

対面販売しかしていないので、担当者が訪問して契約するしかない

という事です。

 

まぁ、仕方ありません。

ちょっと気になった点もあったので、ついでに確認しました。ふるさと納税と併用した場合、控除金額等で適正な金額を教えて欲しかったのです。

回答としては、お答えできませんので税務署で確認してください、との模範的回答です。積極的に売りたい商品でもないでしょうから仕方ありません。

 

ふるさと納税の質問はさくっと終了させて、では具体的なアポはいつにしますか?と聞いてくるあたりに営業パワーを感じました。

こちらとしては、ふるさと納税の件も調べたいので、週末くらいに電話を欲しいとお願いしました。

 

こちらの希望はスルーして、その日の夕方に担当から電話がありました。。

まぁ、営業担当なら、ふるさと納税の事も教えてくれるだろうと期待して相談しましたが、分かりませんので税務署に聞いてください。

ところで、いつ訪問しましょうか、見積だけでも出させて下さい、と。営業はゴリゴリくる感じです。

 

来るのは良いけど、対面でしか契約できないなら、話を聞いて返って貰って、ちゃんと検討してからまた来てもらう事になりますよ、と丁寧に説明を20分くらいかけて話をしたところ、見積を送ってもらい、こちらが契約判断をしたら連絡して対面契約で折り合いがつきました。

 

興味がある方に具体的手順

①明治安田生命の商品ページにいって、パンフレット請求をします。リンクは下記です。

外部リンク手軽な積立保険「明治安田生命じぶんの積立」

②資料が届いたらパンフレット裏面にあるフリーダイヤルに電話

③申込書は一口5千円の分だけで良い事を伝え対面訪問の予定日を決める

④この商品以外は契約しないと先制攻撃を仕掛けておく

 

 

ふるさと納税との調整

ここは詳しく分かりません。節税詳しい方がいれば教えてください。

一応、勝手な推測の元、契約をしてみます。マズイ部分があればシェアしていきたいと思いますが、全体の結果が分かるのは再来年あたりなので先は長いです。

ふるさと納税は住民税の事前支払いと勝手に思っているので、その後に生命保険控除の利用と思うのですがGoogle先生に聞いてもなかなか出てきません。

とりあえず試算をしました。スクショは取っていたのですが、URLが不明でスミマセン。。給料は大体こんくらいです。

生命保険料の控除額を最大値の40,000円で入力。妻(専業主婦)と子供1人でふるさと納税が最大使えるのは約48,000円のようです。

間違っていたらスミマセン。ご指摘下さる方がいたら、とても嬉しいです。

まとめ

  • 保険会社からの営業は無かった
  • 売りたくない商品からか適当な対応(個人的感想)
  • 全体的にみて、お得過ぎる金融商品

とりあえず、60万円くらいなので生活防衛費から捻出すれば良いかな、と思ってます。

後日談 2018年5月16日追記

2018年5月16日に本申し込みしました。

面談にての契約でしたが、特に押し売り等は無かったです。事前に一口分だけ申し込みたい旨(月5,000円の積立)を伝えておくとスムーズにいきます。

事前に申込書から何から準備してきてくれます。私は玄関で全て完結しました。問題なければ15分くらいで完了すると思います。

※引落口座がゆうちょの場合は、最初の支払いが現金支払いになるのでお金の準備を。

 

2019年8月4日追記

明治安田じぶんの積立を解約しました。引き止め等は一切無かったので入る人は安心して欲しい

収入減少に伴い解約をしましたが、押し売りもなければ無理な引き止めもなく、非常にオススメの保険でした。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました