煮込むだけ。炒め作業不要の簡単カレー。

生活

先日、子供がいるので甘口カレーを辛口にするソースの記事を書きました。

関連記事甘口カレーを辛口にしてくれるソース。子供がいる世帯に超絶オススメ

普段、疑問に思っている事なのですが、飴色玉ねぎが最高、コクが出るとか良く見ますが、本当に玉ねぎとか野菜を炒めるのって必要なのでしょうか。

個人的には不要と思っています。理由も含め、写真も入れながら書いていきます。

 

今日は、カレーを作る際に玉ねぎを炒めるは不要、というお話しです。

スポンサーリンク

玉ねぎ&野菜を炒めるのが不要な理由

飴色玉ねぎ=ゆっくり火を通すことで辛み成分や刺激臭を甘味に変える

飴色玉ねぎの理由はこれなんでしょうけど、ゆっくり火を通すだけなら、煮込みながらでも一緒だと思うのです。

実際、ポトフなり肉じゃがで玉ねぎを炒めなくても十分に美味しいです。甘みが欲しければ、玉ねぎを増やして人参を煮込めば出ます。

あと、作業の手間に対しての美味しさプラス部分が感じにくいのです。コスパならぬ手間パです。

 

野菜が溶け込んだ旨味とかトークやワードがありますが、正直どっちなんだ、と思います。

手間暇かけた100時間カレーとか売りにしてるカフェとかありますしね。個人的には野菜が溶け込んだ方が美味しいと思うのです。

あとは、素材の出汁をちゃんと組み合わせれば手間なく美味しいカレーが出来ます。

写真を交えながら、私のカレー作りを紹介していきます。

作り方は超簡単です。(ただし、きれいな写真がない事はご了承ください)

 

玉ねぎを炒めない代わりに煮込んで旨味を出す

日本人なら、昆布だしとかつおだしで旨味が出て云々はご存知でしょう。

これと同じことをするだけです。要はグルタミン酸とイノシン酸があれば良いのです。

あと、うまさの部分だと脂。これくらいでしょうか。

物足りない場合、とろけるチーズを入れると美味しくなります。

 

ただし、これを書いている私は料理人では無く、ただのおっさんですので戯言くらいに聞いて、詳細部分はGoogle先生に聞いた方が確実です。

 

参考になると思うのは「最高にうまいナポリタンの作り方」です。リンクも貼っておきます。

最高にうまいナポリタンの作り方【op2ch】 - NAVER まとめ
学べる話・ナポリタン・食べ物・ケチャップ・サラダオイル・玉ねぎ・マッシュルーム・ソーセージ・ピーマン・2ちゃんねるまとめ・3分でわかる・2ch・ネットで話題・体...

使った材料は下記のものです。

・鶏手羽元&むね肉(イノシン酸)
・玉ねぎ(グルタミン酸)
・トマト缶(グルタミン酸)
・マッシュルーム(グアニル酸)
・人参
・エリンギ

これだけです。事前に炒める油も塩やコンソメも使っていません。

子供が辛口のカレーをまだ食べられないので、上述の記事で書いたガラムマサラソースを食べる前に使うだけです。

しかも、作り方は材料切って鍋に入れて煮込むだけです。。

スポンサーリンク

私の手抜き過ぎる作り方(でも美味しい)

とりあえず今回の材料。実際、トマト缶は1缶だけ。玉ねぎ3個。エリンギとマッシュルームは半分は冷凍しました。鶏肉も3割くらい冷凍。

使った鍋(ジオクラフト最高!圧力鍋不要です)

玉ねぎは四つ切りで。面倒なら半分でも良いです。皮さえ剥いていれば十分。煮込むのでどうせ溶けます。しかも甘みも旨味もでます。

野菜が崩れてくるので、人参は乱切りで。これも小さい人参なら半分かそのままで良いです。

切ったら適当に入れていきます。いつもは下に手羽元入れるんですが忘れてました。

エリンギは煮込んでも崩れないし歯ごたえあって好きなのです。

こうやって切ると帆立貝柱っぽく仕上がります。シチューにもおすすめ具材。

冷凍するとグアニル酸が増えるみたいです。冷凍したのを使っても歯ごたえは変わらない有能食材。

で、トマト缶。基本的には缶を洗うのを兼ねて、これで水を入れていきます。

一缶半分くらいでしょうか。トマト缶だけで水分ありますしね。

全部突っ込んだ後。見た目が悪くてすみません。。本当にすみません。

でも、どうせ煮込んだら結果は一緒です。ところどころ黒いのは焦げではなく、熟成したマッシュルームの崩れた部分です。見た目は悪いですが美味しいです。そして半額。

灰汁取り合戦。取らなくても良い人は不要です。

トマト缶入れると灰汁が目立つけど、分かりやすいので楽ですね。スマホ見ながら適当に作業します。

あとは蓋をして煮込んでいくだけ。30分でも1時間でも。

ジオクラフトの鍋、本当におススメです。煮込み系は楽です。精度が高く、自重もあるので圧力鍋に近い仕上がりです。

しかもパッキンを洗うとかの手間もありません。手羽元は骨から出汁も出るし、煮込んだら骨もすぐ取れます。

安くて美味しい神食材。実はムネ肉にあたるんですよね。

完成したら、こんな感じです。具材が溶けたドロドロカレーですね。

こっち系がダメな人は具材後入れが良いです。じゃがいも?無くても困らないので不要です。

後入れでも行けますしね。ご飯は雑穀米ですね。

赤いタレみたいなのは別記事で書いたガラムマサラホットソースです。ルート混ぜながら食します。

煮込み時間は適当に放置で大丈夫です。実作業時間は15分くらい。

スポンサーリンク

こんな適当で本当に大丈夫なのか

試してみて下さい、というしかありませんが、余程グルメな人以外、飴色玉ねぎとの差を分かる人はいないと思います。

そもそも水の段階からゆっくり煮込んでいきますし。。もしかすると多層ステンレスの鍋が効果あるかも。余熱調理系なので。

 

重要なのは繰り返しになりますが、出汁と旨味なのです。

玉ねぎ=グルタミン酸

鶏肉=イノシン酸

マッシュルーム=グアニル酸

上記三点で三大旨味成分が完結しています。トマト缶は好みですかね。

入れた方が旨味が出るし、子供の栄養にも良かろうと。トマトの酸味はふたを開けてしばらく煮込んでいたら飛びます。

具材を炒めないので、脂の旨味が少ない場合はとろけるチーズを入れるとコクが出て美味しいです。

今回は鶏肉なのであっさり系ですのでチーズは良いかも。反対に牛すじカレーとかだと脂の旨味は十分になります。

 

まとめ

・飴色玉ねぎを使わなくても十分に時短で美味しいカレーは可能

・グルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸の三大旨味成分を上手く使う

実際、米を抜いたら自炊代としては800円くらいでしょうか。

一回では食べきれないので、翌日も食べるか冷凍をすれば一回400円くらいで家族3人分なので、まぁまぁ自炊効果が出てると思います。

 

余談

ついでにジオクラフトの製品紹介もさせて下さい。

これ、めっちゃ良いんです。宮崎製作所という会社が作っている多層ステンレス鍋で、組み上げ精度が非常に高くて蓋の重みもあって煮込み料理には最高です。

ルクルーゼ等も良いと思うのですが、気にせずガンガン使えるところも気に入ってます。もちろん余熱調理系も得意。

圧力鍋のパッキンが壊れて、調べていたところAMAZONのレビューを見て即購入しました。すでに5年目ですがくたびれる感はありません。というか、メーカーが15年保証をつけてます。

 

関連記事甘口カレーを辛口にしてくれるソース。子供がいる世帯に超絶オススメ