【悲報】氷河期世代、年金15万円貰うとか夢のまた夢

氷河期世代
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ネットを彷徨ってると氷河期世代のことを書いている記事が。

外部リンク年金15万円など「やはりもらえない」就職氷河期世代の深刻度

※リンクは新しいタブで開きます

 

で、個人的に思うことをtweetしたら思いのほか反響をいただきました。

 

ちょっと思うところを書いてみましょう。

スポンサーリンク

【悲報】氷河期世代は年金15万円貰うとか夢のまた夢

氷河期サラリーマン

さてさて、年金ですが、通常サラリーマンだと厚生年金があります。

一般的には厚生年金を含めて、月15万円くらい貰えるみたいな話が多いんですが、この15万円って氷河期世代にはハードル高すぎるんじゃないの?というのが趣旨でした。

月15万円貰う難易度はというと・・・

厚生年金に40年間加入して、その期間の平均収入(月額換算した賞与含む)が月43.9万円の場合、受給額は月額約9.0万円の老齢厚生年金と、月額約6.5万円の老齢基礎年金を合計した約15.5万円(2021年度)になります」。

厚生労働省の運営するホームページ『いっしょ一緒に検証!公的年金』には、このような例が受給額としてあげられている。月15.5万円……これを多いとみるか少ないとみるかはさておき、「厚生年金に40年間加入」「その期間の平均収入が月43.9万円」というのは、なかなかハードルが高いのではないか。

 

はい。

厚生年金の算出基準は年収ベースなのでボーナス込みを12ヶ月で割っています。なので月収43.9万円ではないんですけど、年収にしても526万円なんですよね。。

これを・・・40年・・・だと・・?

というか、今まで年収520万円超えた時期なんて少ししかありませんでした。。そしてリストラされちゃいましたね。

私なんかはまだ恵まれている方で、ずっと年収300~400万円で老後を迎えなきゃ、という人も多いと思うんですよね、氷河期世代の人って。(自己責任だとか努力不足とか思う人がいるかもですが、ホント厳しい世代でもあります。)

 

記事中ではこんな風に書かれていました。

彼らが正規社員となり、厚生年金に加入できたとして、将来どのくらいもらえるのか。冒頭の「年金受給例」では「厚生年金に40年間加入して、その期間の平均収入(月額換算した賞与含む)が月43.9万円の場合……」とあった。

就職氷河期世代は20〜30年はロスしている。

それでももちろん、加入しないよりは、加入期間は多いほうがいいのは間違いない。例えば、厚生年金に20年間加入して、その期間の平均収入が20万円ならば、月額約2.5万円は受給できる。

※太字・装飾は管理人。

 

???

厚生年金部分が月2.5万円ってマジか。。

 

管理人は年金に対して過度に悲観はしていませんが、自分の年収が低かったため国民年金満額+おまけくらいしか考えていません。まぁ、月10万円あればラッキーくらいな。

ただ、上記の例を見てみるとさすがに厳しいのが分かりますね。国民年金満額78万円が出たとしても年間110万円。月にすると10万円以下。

さすがにこれは老後生き抜くことも厳しい数字。節約しても無理無理無理で、死ぬ直前まで望まぬ環境で働き続けるディストピアしか見えません。涙

 

うーん、とりあえずGoogle先生に聞いてみるか、ということで氷河期世代が貰えそうな厚生年金を調べてみました。

国民年金40年は必須で考えていて、それが年78万円なんですけど、現実は国民年金満額さえも厳しいという人も多いかと思っています。

 

氷河期世代が貰えそうな厚生年金をざっくり試算してみた

Google先生で厚生年金早見表を調べてみました。

blank

出典:厚生年金の受給額はいくら? 早見表でチェック!

※リンクは新しいタブで開きます

 

Twitterではちょっとだけ加工してUPしました。そちらで見てみましょうか。

まずは一般的に貰えるケース。

blank

月平均40万円=年収480万円で40年間厚生年金を納めて、年間110万円、月にして9万円くらいが貰える計算ですね。

国民年金満額が月6.5万円なので合わせると月15.5万円貰えます。これだと生活は厳しいけど、まぁ生きるのは何とかなるレベルですね。

でも満足に老後を暮らすには足りないだろうから自助努力をしてください、というのが我が国のお話。

でも、年収480万円を40年間って無理ゲー過ぎません?というのが氷河期世代管理人の思いだったり。というか、私はすでに無理ですから。。

 

まずスタート地点から正社員になれてないと厳しいですよね。。もしかすると厚生年金に入れてる期間が40年じゃなくてトータル20年とかもあるわけで。(最近、これはヤバすぎるのかパートでも厚生年金に加入できるような制度になってきましたけど。)

で、厳しそうな氷河期世代だとこんな感じになるかも、というのがこちら。

blank

一番厳しい境遇だと上記画像の可能性はありますね。

年収300万円で30年納め続けても年52万円、月4.3万円。管理人がこれくらいをイメージしてます。

将来貰える年金は絶対に減る、みたいな声も大きいですが、最低限飢えさせないために収入の少ない人ほど底上げされるでしょうから、ここから半額みたいな悲観はしてませんけど厳しいのは変わりませんね。

 

何とか70歳まで年金繰り下げさせて、かつ働かせたい政府

雇用機会を65歳でなく70歳までに引き上げようとしてますけど、年金繰り下げと同時に雇用を確保しないとガチで飢え死にする国民が出るからかも知れません。

とはいえ、定年後の再雇用だと収入激減もするし、けっこう辛い老後が待っているかも。。

手取り15万円くらいで70歳まで食いつないで、繰り下げた年金で月13~14万円くらいが落としどころでしょうか。

 

とはいえ終身保険という素晴らしさはある

貰える金額などを嘆いてますが、死ぬまで固定でお金が貰えるというのは年金の強みでもあります。

ここはしっかり理解して人生設計をしておきたいところ。

ただ、年金は複雑怪奇すぎるところもあるので、読者様と一緒にまだまだ勉強していきたいですね。

定番本だとこのあたり。

blank
created by Rinker
¥1,540(2021/07/29 21:29:20時点 Amazon調べ-詳細)

まだまだ読み切れていないので、ここらへんも記事でアウトプットしたいな、と。

 

ちょっと氷河期世代の愚痴みたいになったんですが、まぁ、こういう日もあるということで。

おわりに|氷河期世代なので年金15万円貰うのは難しいけど、投資とトータルで生きていく

blank

ただ働き、厚生年金と貯金だけだと、管理人には厳しい老後しかありません。

自助努力としての投資は今になってやってて良かったと思うことが最近多いですね。昇給より増配に感謝したりと、徐々に資本主義の恩恵にあやかれることも増えてきました。

とはいっても、ここまでくるのに収入の2割を貯金することからはじめて20年以上かかってますけど。(今の若い人からしたら笑われるくらい遅いしカッコ悪いかも。。)

 

幸いにして最大の味方である時間はまだこちら側。あせらずコツコツと投資を続けていきたいと思いました。

同じように厳しい環境の方もいるかもですけど、お互いに頑張っていきましょうね。

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

年金期待できへんのや…という方は応援クリックいただけると管理人が泣いて喜びます。

 

老後がどんな未来になるか分かりませんが仮想通貨(暗号資産)を少しだけ買って放置しておくと20年後とか面白いことになってるかも。

2021年6月30日まではDMM Bitcoinが口座開設で【全員】に2,000円を配っています。

 

blank

公式リンク:DMM Bitcoin

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
氷河期世代
\シェア頂けると嬉しいです/
ななしをフォローする

【不労所得情報】

高配当好きな人にOxfordインカム・レター無料レポートはめちゃおすすめ。いかがわしいトップページ(失礼)なのに素晴らしいです。

 

【もれなく2,000円!】

DMM Bitcoinが口座開設で【全員】に2,000円を配っています。

2,000円だけビットコインを買って10年後のタイムカプセルにするも良し、お金を引き出して時給3,000円の副業にするも良し!(最短5分で口座開設完了なのでもっといくかも。。)

これはお得すぎるキャンペーンですね。

※8/1(日)6:59まで!

スポンサーリンク&関連記事
blank
氷河期ブログ
タイトルとURLをコピーしました