氷河期世代、スキルなし、40代フリーターという厳しい現実を再確認する

就職難民 氷河期世代

Twitterを眺めていると

外部リンク43歳でスキルゼロ”中年フリーター”の焦り

という記事を目にして読みました。

最初、自分の事を書かれているのかと驚きました。氷河期世代で同様に感じる人もいるかも知れません。

記事内容は、改めて氷河期世代という少し厳しめの人生を考えたものです。私なりに自衛策も述べております。

憂鬱な話ではありますが、配られたカードで勝負をするしかありません。

ネットの世界を見ていると世の中は、わりと裕福か普通の生活が大半と思ってしまいますが、見えないままになっている部分も多いと思います。

上手く伝える事は出来ないですが、何かを考えるきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

リストラからはじまった地獄の日々

記事はこの見出しから始まります。内容は取材に基づいたものです。

引用元:43歳でスキルゼロ”中年フリーター”の焦り

この国では35~54歳の「中年フリーター」が増えつづけている。

なぜ彼らは「非正規」から抜け出せないのか。地方の工場や小売店などで住み込みをしながら働いてきた松本拓也さん(43歳)の取材から、「見えざる貧困」のリアルに迫る――。

私は年齢が近く、スキルや資格は持っておりません。現在の仕事が無くなったら一気に中年フリーターというのは、かなり現実的な話です。

35歳で都市部であれば、まだ人手不足という現状ですので正規職は何とかなると思います。

困ったことに超就職氷河期にあたる40~45歳(記事の43歳という方は最も厳しい年です)は、転職するにあたり年齢的な壁が出てきます。

人手不足ではあるものの、大体40歳以上を中途採用するなら求めてくるのは実績になりますよね。

マネジメント経験をそこそこ積んでいないと、一般的な正規職は厳しいかな、と。

プレイヤーならお客さんごと持ってくると望まれる年齢です。

ななし
ななし

あくまで私の感覚ですが、これは10年前と変わっていません。当時は30代前半でこれを求められていました。実際に私がリストラ→転職の際にいわれています。

今は人手不足なので10年分スライドしただけな気が。あれ、ひょっとすると氷河期世代は永久に苦しむかも。。

リストラされても地獄に落ちないように

個人的な防衛策としては、人のつながりを増やしています。リアルに限らずネットでもです。

恥ずかしいとか外聞は抜きにして、いざ無職に陥った時は、状況を伝えて正直に助けを求めようと思っています。

その人が助けてくれるというよりは、助けになるヒントや応募をしている企業を紹介してくれる知れません。

個人的には、誰にも相談が出来なくなった、次に行動が無いという状況が一番危険に感じています。リアルな方面で有効です。

ネットは仕事が無くなったら、1円ライターを3ヶ月ほど猛烈にこなせば生活の足しにはなると思います。

ブログが収入を生みだすとなっていれば良いですが、こちらは無理です。

とはいえ、発信してきた事がマイナスにはならないので、ライターをする際のアピールくらいにはなるでしょう。

家族は最大の味方

常にリストラと隣り合わせの管理人ですが、幸いなことに頼りになる味方もいます。妻です。

最低賃金でも大人二人で働けば、子供を食べていかせる事くらい何とかなるといってくれる私には勿体ないくらいの存在です。

人それぞれですが、将来が不安だから結婚は、、と思うより二人いれば将来何とかなる、という気持ちで結婚した方が生活として安定して、経済的メリットも多いです。

もっと政治的に発信しても良いとは思ったりします。ニュースで叩かれる可能性大ですが。。

就職を逃した氷河期世代にはもっと厳しい世界が広がっている

詳しくは記事を見て貰えると嬉しいのですが、いくつか要約を。

  • 無職だとアパートも借りられない
  • 地方の求職活動には限界がある
  • やっと決まった就職先はブラック企業で、周囲の従業員が次々に離職
  • 恋人もできないまま、40代、50代になってしまう
  • 不安定雇用から脱せない現実

都市部であれば、何とかなるものの地方だとやはり求人は減ります。

取材を受けていた方は私と同年代ですので、現在だと少し事情が違ってくるかも知れませんが、当時は何とか職を得られてもブラック企業だったのはあるあるです。

問題は「不安定雇用から脱せない現実」

一度レールから外れると、同じ待遇を望むのはかなり厳しいです。

これは現在、仕事を選び放題と言われている若い人でも考えておいたり、軽い準備的なものをしておいた方が良いと思います。

私と同世代だと支出を控えてコンパクトな生活をしたり、余裕資金を用意しておく、とかですね。

当サイト(氷河期ブログ)は管理人がスキル無しなので、資格を取って転職を!等は言えませんが、割と節約やお金の話は多めになっています。

もしかすると無職ブログと名前が変わっているかも知れませんが、強く生きていこうと思います。

おわりに

少子高齢化の日本で、スキルを積むことが出来なかった氷河期世代を利用できれば、と常々思っていますが、現実はそうはなりません。

多分ですが、今の日本は、若い人は欲しい。老人は安く使いたい。スキルの無い中年はいらない。こんな感じです。

だからと言って諦めたら、そこで終了です。少子化でこんなにも人手不足になるとは思いもしませんでした。

生き残れば明るい未来はすぐそこに来ているかも知れません。

人生の終わりが近づく事を感じる歳になりました。

一度きりの人生です。不安だけで過ごすより、笑顔で過ごせる事を増やせるように考えていきたいですね。

 

関連記事です。

さらっと移民規制緩和。氷河期世代(ロスジェネ)の活用は出来なかったのか?

ロストジェネレーションと呼ばれる氷河期世代を有効活用をしよう、という話にはならないようです。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました