3万円代の中古ノートPC購入レビュー。新品SSD&オフィス付で大満足!

ぱっと見では中古感は皆無 商品レビュー
ぱっと見では中古感は皆無

パソコンが古くなったし買い替えようか。オフィスは必須だけどスペックはそんなに必要ないんだよね。そう思っている人は多いと思います。私もそうです。

自宅で通常作業する分には中古のノートPCで十分だなと感じたので記事にしました。中古PCを2台乗り継いでいるので、十分にオススメできると思います。中古PCを買う際に注意するポイントも紹介していきます。

スマホの性能が良くなったからか、昔ほど自宅でパソコンを使うことがなくなりました。

3万円台中盤も出せば新品SSD換装済み、オフィス入り、第四世代CORE i5、Windows10のノートPCがよりどりみどりです。第三世代なら2万円台中盤で新品SSD十分なものも多くあります。

ななし
ななし

個人的には2万円代で十分だったかも。。

HDDを選んだりグレードを下げていけば安く入手できますが、SSDでのキビキビ感を取るほうが結果的に満足をします。

実際パソコンはほとんど使わないけど無かったら困る。そんな人への参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

中古ノートPCを買うなら新品SSDで出しているところを探す

おすすめはワジュンという中古PC屋さんです。Amazonで「ワジュン、中古、ノートPC」と検索するだけで解決します。検索すると、ワジュンだけでもずらっと出てきます。

ワジュンの検索画像

私が購入したのは下記のSSD480GBモデルです。4万円未満で買えました。

※調べたところAmazonとYahoo!では売っていますが、楽天では取り扱いがありません。

必要十分なスペックの画像

第四世代のCORE i5と書いているので、5年くらい前のモデルになるんでしょうか。メモリ8GB、Windows10、オフィス2016が揃っていて、新品SSD480GBに換装されています。

実際、ほとんどのユーザーはこれで十分と思います。SSD240GBだと5,000円ほど安くなったのですが、子供の写真も増えているし奮発しました。

Bluetoothの無線機能が付いていたので、仕事で使っていた無線マウスが再利用出来ました。意外とあると便利です。

お値段を安くしたい場合は、SSDの容量を下げるか、CPUを第三世代CORE i5から選ぶと良いです。メーカーやサイズ等、たくさん選択肢があります。

選ぶべきは新品SSD

第三世代CORE i5、SSDの容量を120GBか240GBにすると3万円以下で、かなり手が出しやすいですね。前の中古PCの上記モデルの内容でしたが、一世代くらいでは体感上、ほとんど差はありません。

 

お安い理由は?

ワジュンの中の人ではありませんので、勝手な想像です。

たぶん企業向けリースのノートPCを再利用している感じです。中古PCとして割り切って使うなら、実用性は十分です。

ネット専売なので、在庫や保管場所等で安くなっていると思います。実際、Amazonのユーザーレビューは凄く良いです。

正直、オフィスを買うだけでも良い値段しますからね。私が使うのは、ブログを書いたりエクセルで家計簿的なものを作るくらいです。

 

安いけど品質は大丈夫なのか?

これは個人差もありますし、どこまでが許容範囲かは分かりません。

ただ、中古ショップよりもネット専売でやっているので、商品管理等はしっかりしている感じです。開封の儀みたいに箱とか撮影しておけば良かった。。

4~5年くらい前のモデルが中心ですので、ある程度の使用感は納得の上で買うものになります。PCへのこだわりがある人はやはり最新のものや店舗で型落ちを探す方が良いです。

新品SSDを選んだ場合、一度HDDを外してOSとオフィスが新しいアカウントで入っています。個人的な想像ですが、中身開いてくれてるという謎の安心感があります。。

 

3万円台の中古ノートPC外観

リースアップ品だと思うので、前に使っていた人による、としか言えません。ちなみに私が購入したノートPCの写真はこちらです。

全体

全体

ぱっと見では中古感は皆無

ぱっと見では中古感は皆無

中古と分かる部分1

中古と分かる部分1

左の赤枠部分に擦り傷らしきもの。気になりません。右側はリース品か会社の管理シールの跡っぽいのが分かります。

中古と分かる部分2

中古と分かる部分2

一番使われるであろうEnterキーがテカってます。たぶん、この機種はかなり良い品を引いたと思います。

ちなみに前機種はかなり使用感がありました。写真はこちら。

前の機種の使用感

前の機種の使用感

「N」「M」「K」あたりは文字が削れています。問題は無かったですが、これを許せるかどうかだと思います。

スポンサーリンク

中古ノートPCを買う前に必ず新品SSDをチェック

選ぶべきは新品SSD

選ぶべきは新品SSD

繰り返しになりますが、最優先で選ぶべきは新品SSDと書いているものです。

安すぎるものはオフィスが付いていないものもありますので、注意が必要です。次にメモリくらいでしょうか。

確認事項は下記の順ですると探すのが楽になります。

  • 新品SSD
  • Microsoft純正オフィス
  • メモリ
  • CPUの世代
  • 画面サイズや好みのメーカー
  • 値段

中古品はたくさんあるので、ゆっくり選んで大丈夫です。モバイル性が欲しい人は、レッツノート(Let’s note)も出ていたりするので、探してみるのも良いかも。

あと、必ずワジュンから選ぶ必要があります。売れているため、似たようなサービスをしている企業が多いものの品質レベルでワジュンが迷惑をこうむっているのかも知れませんね。

販売主がワジュンのものを選べば、90日間無料返金が利用できます。購入前には良く確認をしておく方が良いです。

バッテリーは消耗品なので、絶対に期待してはいけません。据え置きで使ったり、移動元で電源が借りれる事が必要です。

カフェでドヤる機種では無いので、割り切りも必要ですね。

 

中古ノートPCでもSSDの速度があれば快適

起動時の立ち上がりはもちろん、エクセルの起動や他の作業も圧倒的に早いです。

管理人はHDDのWindows8.1ノートPC(2013年モデル、CORE i7、メモリ8GB、HDD1TB)から中古PCに乗り換えましたが、正直SSDを積んでいる中古PCの方が圧倒的にサクサク使えました。

OSがWindows10になっている効果もあるかも知れませんが、ネット見てると使ってるPCをSSD換装させてるのを良くみるはずだ、と納得しました。

 

管理人が買い替えた理由

十分に満足をしていたのですが、お菓子や水がキーボードに入り込んだのか「i」の反応が悪くなりました。

まだ子供が小さいのですが、けっこう触りたがるのです。前機種のいろいろな写真はお見せできるレベルではありませんので、一部写真にとどめております。

エクセルを時々使うだけなら、そのままで良かったのですが、ブログを書くにはストレス。。

という事で手痛い出費(といっても中古)ですが、買い替えに至りました。

 

ほとんどクラウドだけで移行が出来るようになっている

クラウドの利用が増えてきており、普通の作業環境を整えるだけなら買い替えも非常に楽でした。

管理人はDropboxというクラウドアプリを使っています。今だとGoogleドライブやicloudで十分なのかも知れませんが、フォルダ式で非常に使いやすいです。

スマホもPCも基本はDropboxで共有をしています。写真だけはデータが大きいのでAmazonPhotosへ全て突っ込んでます。

PCだと完全にDropboxというフォルダで使えるので便利です。これだけで十分に価値があります。

DropboxのPC画面

 

スマホの場合も同様です。無料容量が少ないのが欠点ですが、普段使いでのクラウドとしてもめちゃくちゃ使いやすいです。

Dropboxスマホ用画面

10年以上も愛用をしています。もし良ければ下記リンクからインストールして貰えると紹介した私の容量が増えるようです。

Dropboxリンク

写真はAmazonにあるので、ブログで使っているデータや写真、その他普段使うデータはDropboxを新しいPCにインストールするだけの簡単運用です。

WEB関係はchromeを使っているのでGoogleアカウントでログインするだけ。パソコンの買い替え作業はホント楽になりましたね。

Googleドライブは一度PCの写真をGoogleフォトへ全部吸い上げられて大変なことになったので、それ以来使っていません。Gmailが容量満タンで使えませんが頻発して大変だった。。

 

おわりに~中古ノートPCは子供用にもオススメ

管理人が使う作業はブログとエクセルくらいです。中古品とはいっても、誰に見せるでも無いので十分に満足をしています。

Windows10は慣れたら普通に使いやすいです。昔のようにネットサーフィンといったものはしなくなりました。スマホで十分というのもあります。

ななし
ななし

もしかすると子供向けとして需要があるかも知れませんね。

中古品ということをふまえても、けっこうお得な買い物だったな、という体験談でした。お読みくださり、ありがとうございました。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました