私の適正年収はいくら?想像通り氷河期世代の中央値な感じ。

氷河期世代

自分の適正年収はいくらくらいだろうか?と気になる人は多いと思います。私は凄く気になります。

リストラや転職を考えた場合、自分の価値はどれくらいか知っておく事は大切です。今はネットで簡単に調べる事も出来たりします。

 

記事内容はdodaでの適正年収診断をしたので、その調べ方を紹介しています。

合わせて私の適正年収結果をこうかいします。私の想像している氷河期世代の中央値的な数字が出ています。

 

私のものが参考になるかどうかは分かりませんが、一度試してみる事は社会で生き残るために必ず役に立ちます。

結果を見て、自身の今後を考える参考となるからです。

スポンサーリンク

適正年収の調べ方

dodaのトップページから適正年収を調べるページがあるのでクリックするだけです。

ちなみにこんな画像です。

年収査定してみたい人は、公式リンク年収査定かdodaトップページからどうぞ。3分程度で簡単に査定が出来るのは素晴らしいと思います。

検索で探すとすぐに出てきます。

実際にやってみた私の場合:想像していた氷河期世代の中央値的な金額が出てきました

では、私の場合を事例にやっていきます。

DODAの会員って186万人もいるんですね。結構なサンプルがあるので、予測結果は期待が出来ます。

後は流れ通りに入力をしていくと簡単に結果が分かります。

 

会員登録が必要ですが3分程度で登録出来ます。

関連記事日本で3番目くらいに丁寧なdodaの会員登録方法。画像ばかりで紹介。

 

簡単な質問にサクサク答えていくだけです。格安SIMのスマホで入力ですが、サクサク動いたのは驚きました。

 

もっと小さい零細企業も選べると良いのですが、まぁデータ母体が大きいので、問題ないということでしょう。

 

で、適正年収の結果はというと。。

転職回数も多いし、大したキャリアも積んでいないので、妥当な適正年収だと思います。さすがビッグデータ!

実際、今貰っている給料も高いと思っています。リストラされぬよう頑張ります。

 

やってみた感想

同じキャリアくらいの氷河期世代がテストした場合、近い数字が出そう気がします。

私が思う所、年齢が近くキャリアが積めなかった氷河期世代の中央値は380~400万円くらいのイメージです

一番問題なのは、380万円貰えれば十分と思えても、現在の年齢で転職をした場合、そもそも転職できるかどうかは別問題という事です。

必要な時期に必要なキャリアを積む事が出来なかった氷河期世代は多いです。棄民世代と言われても仕方ないと思います。

 

適性年収を調べていたら、dodaも無料転職支援サービスをやっていました。若い人はもしもの為に人材サービスの登録はいずれ役立つかも知れません。

リーマンショックで倒産&リストラとなった私を救ってくれたのは人材サービス会社(JAC)でした。

きっちりとした自分の市場価値を教えてくれたり、自分を売り込みやすい職務経歴書の作り方、無形サービスから有形サービスを紹介してくれた事が年収300万円から脱出のきっかけでした。

 

関連記事です。

日本で3番目くらいに丁寧なdodaの会員登録方法。画像ばかりで紹介。
DODAの登録に必要な入力情報を全て書きました。記事を読むより、実際に入力した方が早いと思います。

登録時に必要な入力情報をほぼ全て網羅しています。登録だけなら3分で出来ます。退会方法も合わせて書いています。

日本で3番目くらいというのは、登録方法だけでは味気ないので適当に付けたタイトルです。。

この記事googleapis.com/auth/chrome-content-suggestionsを書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする