【長期使用】フルカウント1108。リジットデニムの色落ち具合。

商品レビュー

30代後半や40代ともなると、私服でデニムを悩む人もいるかも知れません。でも、その世代はデニム好きですよね。私も勿論大好きです。

記事内容は20代から買い替えつつ愛用しているフルカウント1108が、ついに3本目を卸しました。履きこんだ時の色落ちと、リジット状態の写真を合わせて紹介しています。

デニムをまた履こうか、何を買おうかな、と悩んでいる人がいれば見ていってやって下さい。

スポンサーリンク

色落ち具合

とりあえず表と裏。左が二代目、右が三代目となります。

二代目は十年日記によると2008年に購入にしているので10年くらいの付き合いになります。

バックポケットの糸が弱いのか、初代、二代目ともに無くなっています。

多分、新しいのもそのうち糸が無くなると思います。あるうちに写真撮っておきます。デニムの一番カッコいい部分はここと思います。

 

フルカウント1108の特徴と所感まとめ

少しタイトで何にでも合わせやすいです。お値段的にもここらへんが一番気軽で合っています。40代のおっさんが履いてても特に問題もないです。

 

最初はタイトなのですが自然に緩々になってきます。そういう生地で出来ています。馴染んでくると独特の履き心地で、気付いたら3本目を買っていました。

安くて買ったエヴィスジーンズ2本がまだ現役ですが徐々に世代交代されていくと思います。

【長期使用】エヴィスジーンズ2000番NO2を5年履いた色落ち感
色落ち感は大満足。写真多目です。

Amazonで見てみると、エヴィスジーンズ同様にこちらも流行っていた時から値上がりもしてなさそうな感じです。当時は儲かったんだろうなぁ、と。

4代目が私の寿命的にも最後になりそうなので、新しく降ろした1108が古くなった頃にも製造されていたら同じものを買うと思います。