【即時2,000円】DMM Bitcoinのキャンペーンがヤバいw

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

DMM Bitcoinが口座開設で【即時】【全員】に2,000円を配っています。

仮想通貨(暗号資産)のことは分からないけど、ちょっとくらいは保有をしてみたいと思う人は多いのではないでしょうか。

今回のビットコイン暴騰に指をくわえて見ていただけの人もいるかも知れません。まぁ、私のことなんですけど・・・

 

この2,000円を元手にお試しというのは宝くじより夢がありそうです。

blank

免許証かマイナンバーカードがあれば10分で作れるので時給換算しても美味しい話と思います。

というか即時プレゼントとか凄すぎです。。

blank

プレゼントの受け取り方

 

意外と知られてませんが、ビットコインは最低0.0001BTC(BitMatch注文は除く)から買えるので少額だけ持っておいて20年くらい気絶するのはありかも。

公式リンク:DMM Bitcoin

※リンクは新しいタブで開きます
ななし
ななし

2022年4月1日(金)6時59分までのキャンペーンです。お早めに。

 

さて、せっかく美味しいキャンペーンなのでDMM Bitcoinで買える暗号資産や魅力についても紹介していきましょう。

スポンサーリンク

DMM Bitcoinの魅力

blank

DMM Bitcoinで取引できる暗号通貨は上記参照。

レバレッジ取引は値動きが大きすぎるので基本は現物ですね。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ステラ・ルーメン(XLM)

この6つから選んでおけば、波に乗り損ねることは無さそうですね。

 

そういえばリップル(XRP)は最近噴き上がったあと落ち着きましたね。これくらいだと適当に買って周りが騒がしくなるまで放置しておくと良いかも。

blank

XRPチャート:2021年12月1日時点

というか、ちょっと前まで20円の時期があったんですね。みんなが見向きもしないときにお小遣いでちょこっと買って放置最強な気が。。

 

ビットコイン(BTC)は少し戻っている感はあります。

blank

BTCチャート:2021年12月1日時点

あわや最高値から半額という状況がありました。口座作っておくと拾うチャンスあるのは大きいな、と。

コロナショック前後だと、どこで買っていても大幅にプラスでした。今後も同じような局面はあるでしょうし、10年後へのタイムカプセルと思えば米国株より魅力的です。笑

 

BitMatchが魅力

blank

DMM Bitcoinでは株式や外貨のようなスプレッドはありません。

独自のBitMatch注文により、同時間帯でのお客様同士の注文がミッド(仲値)価格でマッチングされます。他社の販売所方式とオークション方式のハイブリッドのような形ですね。

ここらへんは実際に注文して慣れていくのが良さそうです。身銭を切って買うのが一番勉強になります。

 

取引手数料イメージ

blank

取引単位は小さいのですが最小発注量に注意が必要ですね。やはり、まずは練習をかねて現物で試すのが良さそうですね。

失敗しても2,000円は貰ったものと思うと気分が楽です。

 

スピーディな口座開設

管理人は他社で一度口座開設を挫折したことがあります。

提出書類が多すぎたためですね。

DMM Bitcoinの口座開設は最短5分で可能。

blank

スマホでの撮影をAI判定してくれます。

免許証などの写真と、スマホでの本人認証を色んな角度から総合的に判断してくれます。ahamoでも同様のシステムを使っていましたね。

 

イメージはこんな感じ。

blank

ちょっと免許証を斜めに合わせるのが難しかったりするんですが、時給にすると3,000円くらいと思えば手間も大したことありません。笑

管理人は不器用なのでahamoのとき、3回くらいチャレンジしました。。

 

入出金は基本無料

小さい企業だと入金手数料無料はあるものの、出金手数料がかかる口座がありますね。

DMM Bitcoinだと、もし自分に合わないなと思ったときに出金するのに手数料がかからないのは大きな魅力。

入金についてはクイック入金を使えば約1000件以上の金融機関が利用できます。管理人がメインで使っている住信SBIネット銀行も対応していました。

 

新規口座開設完了で、全員にもれなく即時2,000円プレゼント!

目玉は何といってもコレ。

口座開設で全員にもれなく即時というのは嬉しいですね。最近、こういった太っ腹な企画は減った気がします。

出金手数料は無料ですが、何か暗号資産を保有してタイムカプセルにするのが楽しそうですがどうでしょうか?

 

キャンペーン概要

新規口座開設完了で、全員にもれなく2,000円を即時プレゼント!

プレゼント対象者

期間中に、新規に口座開設が完了したお客様

キャンペーン期間

2022年4月1日(金)6時59分まで

プレゼント贈呈

blank

(1)口座開設完了後、マイページに表示されている「2,000円をもらう」ボタンがアクティブな状態になります(ボタンがグレー色からピンク色に変化します)。

(2)アクティブになった「2,000円をもらう」ボタンを押すと、お客様のトレード口座に2,000円が即時入金されます。

その他、注意点

※本キャンペーンの適用はお1人様1回限りとなります。

※プレゼントの2,000円は、ウォレット口座に入金された後、自動的にトレード口座に振り替えられますので、そのままお取引にご利用いただけます。

※入金は、トレード口座の取引口座履歴をご確認ください。

※本キャンペーンにて受け取った2,000円につきましては、受領権利獲得後、30日間、ウォレット口座への振替・出金を制限させていただきます。

※2,000円の受領権利の獲得日から、「2,000円をもらう」ボタンを押さずに6カ月以上経過した場合、当社の任意のタイミングで受領権利を取り消させていただきます。

※口座開設完了から30日以内に、暗号資産現物・レバレッジ取引の売買をせずに、お客様からのお申出等により口座が解約された場合には、本キャンペーンによる2,000円の贈呈を取り消させていただきます。

※過去に当社にて口座解約の履歴がある方が口座開設をされた場合には、本キャンペーンによる2,000円の贈呈を取り消させていただきます。

※本キャンペーンは予告なく変更・終了・期間を延長する場合がございます。

 

ななし
ななし

スマホ一つで当日取引可能なので、興味ある方はこの機会に作ってみましょう。

 

公式リンク:DMM Bitcoin

※リンクは新しいタブで開きます

 

良くある勘違い|仮想通貨(暗号資産)で儲かってもそんなに税金はかからない

blank

仮想通貨(暗号資産)は雑所得で税金が高いという話をよく見ますが、基本的には年収2000万円くらい稼いでいるスーパーエリートくらいしか心配する必要はありません。

理由は所得税は累進課税だからですね。

早見表はこちら。

課税総所得額税率
195万円以下5%
195万円を超え 330万円以下10%
330万円を超え 695万円以下20%
695万円を超え 900万円以下23%
900万円を超え 1,800万円以下33%
18,000,000 円以上40%
4,000万円超45%

税込み年収でなく、基礎控除や配偶者控除を除いたあとの所得で計算されるので、思っているより税金というのは多くありません。

確定申告をしなきゃいけないという面倒もありますが、海外ETFを買っている人は二重課税の取り戻しも一緒にするとかですかね。

 

あと、雑所得なので20万円以下は確定申告不要というグレールールを使って、住民税10%だけ申告するという姑息な手もありといえばありです。

儲かったときに少しだけ売ってお小遣いを稼ぐという感じですね。

ななし
ななし

もし1億くらい儲かってしまったら、そのときに悩めば良いと思ってます。笑

 

おわりに|仮想通貨(暗号資産)に興味はあったんだけど、、という人は是非この機会に!

blank

スマホ一つで当日口座開設ができて、もれなく即時2,000円貰えるキャンペーンというのはめったにありません。

管理人がそうなんですが、何だかんだ仮想通貨(暗号資産)を持たないリスクはあるかも・・・と思いつつ、長らく手が出せていませんでした。

しかし目先の2,000円というのはデカいですね。これは作っておいて損はない、と思いました。笑

 

もちろん作ってすぐに何か保有してタイムカプセルにするのも良いですし、口座開設だけしておいて大きな暴落を待ってから買うのもアリです。

しかし仮想通貨(暗号資産)は株式以上のボラティリティなので、いつ暴落があるか分かりません。この機会に口座を作っておくのが良いかな、と思います。

ついでに2,000円貰って練習もしちゃいましょう。

公式リンク:DMM Bitcoin

※リンクは新しいタブで開きます

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

仮想通貨(暗号資産)を持たないリスクがやってきた

通貨をジャブジャブに刷り過ぎたせいで株式投資家は恩恵を受けました。それ以上に価値を高めたのが仮想通貨(暗号資産)ですね。

管理人がどのタイミングで検討し、口座開設が面倒でやめてしまった結果、血の涙で書いた記事です。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました