40歳・手取り17万円「毎日カツカツです。」という記事に思ったこと

暴落に向けて穴を掘るお金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

ネットを彷徨っていると他人事と思えない記事を読みました。

自分も一歩違ってたら同じような感じかなぁ、と。

外部リンク40歳・手取り17万円「毎日カツカツです。」独身男性の末路

※リンクは新しいタブで開きます

 

読んでいて共感したり、ここはどうなの?という部分を記事にしました。

スポンサーリンク

40歳・手取り17万円「毎日カツカツです。」という記事に思ったこと

blank

記事内での40代男性はこのような環境です。

佐藤さん(40歳・男性/仮名)。大学卒業後、エンジニアとして働いていましたが、6年目のとき、あまりの過労で倒れ、退職。1年の休養を経て社会復帰を果たすも、どの仕事も長く続かず、4年前、実家に帰ってきました。

現在は司法書士事務所で事務方を担当しており、月の手取りは17万円にほどになります。

「実家暮らしなので問題ないですが、一人暮らしは厳しいというか、無理な金額ですよね。なのでこの先も父と母と一緒に生きていく予定です」

 

一度過労や鬱で倒れたり、リストラにあったりすると復帰にしにくいですよね。これは管理人も感じています。

ただ、月の手取り17万円あれば一人暮らしが無理な金額ではないかな、とも。

都心だと家賃高いでしょうけど、佐藤さん(仮名)は都心から電車で1時間ほどの郊外と書かれていました。

 

シングルマザーとかもっと無理ゲーな人も多いと思うんですがどうでしょうか。

 

ただ、両親と一緒に住んでいるのは家庭の事情も大きいんですよね。引用します。

「親は個人事業主の時代もあったことに加え、年金保険料を払っていなかったこともあるらしくて、受給額が少ないんですよ。確か2人で10万円あるかないかぐらい。なので私の給与もなかったら、生きていけないんです。その意味でも、3人で暮らしているのが一番いいと思う」

ご両親の年金が少ないから家族3人で暮らすというのは良いと思います。こういったケースってこれからドンドン増えていくんじゃないかな、とも。

 

でも、ちょっとお金使いすぎてる感もあります。

こちら。

佐藤さん一家、都心まで電車で1時間ほどの首都圏近郊に暮らしています。部屋の家賃11万円、築20年の2LDKです。実家を出るという選択肢はないのか尋ねてみれば、意外な事情と複雑な心境を明かしました。

「実際、生活はカツカツです。トータルの収入は親と私あわせて30万円弱、そこから家賃引いて、食費引いてってなると……貯金はできたものじゃないです」

「親も老いてきて、心配なんです。兄弟はいないし、親戚も疎遠だし、私が見届けるしかすべがありません。いろんなことを諦めて、失敗してきた人生でしたが、せめて親孝行だけでもできればと。老人ホームに入るお金はないので、もし両親に何かあったら私が面倒を見るつもりです」

両親の収入合わせて30万円あれば貯金できそうな気が・・・

何となくなんですが、追い詰められたと自分で思ってしまうほど生活ってギリギリになるんじゃないかな、と思いました。

 

私なんかはもともとお金が無かったものの、入ってきた収入の20%は残しておきました。

人生で何度かピンチなときはありましたけど、案外お金で困ったことは少ないんですよね。なので、お金の使い方って案外大切だよなぁ、と思ったり。

 

この記事の佐藤さん(仮名)は今がギリギリでやってるようですが、このまま歳を経るたびにジリ貧になっていくのでどこかで支出を切り詰めてお金を貯めていかなきゃ厳しいですよね。

家賃11万円払っても19万円あれば十分に遣り繰りできるでしょうし。

一人になって両親の年金が期待できなくなってきてからが本当につらい生活のはじまりかも知れないわけで。

 

ただ、今はたまたま管理人に余裕があるからこんなことを思えるワケで、ちょっと違っていたら私なんかはもっと悲惨な生活をしていたでしょう。

年齢から計算してみると、どうもリーマンショック直後くらいに退職をしてるんですよね。(※現在40歳で28歳のときに体壊した=12年前=2009年頃?)

あそこからの数年ってホントに雇用環境が悪かったので、リストラされたけど仕事が見つかった管理人は単純に運が良かったんだとも。。

 

どうすれば40歳、手取り17万円のギリギリ生活から脱却できるか

blank

元記事はけっこう暗く、終末期医療をどうするのか、みたいなことが書かれて終わっていました。

でも、90歳まで生きるとして、ずっと暗く生きるのってつらくないですか?

 

管理人なら、ということで思ったことを書いて記事を終わります。

こういったときに資産運用とかに手を出すとドツボに嵌るのでしないほうがよいですね。王道としては労働で収入を増やしてお金を残すことしかないでしょう。

 

  • 無駄な生活費を削る
  • 両親のどちらかにパートで働いてもらう
  • 本人も副業をする
  • 何でも話せる友人を作っておく

 

家賃を抜いても19万円あるのでけっこう削れるところあると思うんですよね。30万円の収入のうち6万円(収入の20%を貯金)を貯金して家賃を除いた13万円で生活する。

これは何とかできそうな気が。

大変かもだけど5ヶ月あれば1ヶ月は収入が途絶えても生きていけます。1年分の生活費があるだけで気持ちも安定するかな、と。

 

あとは楽じゃないし、個々の事情があるかもだけど労働を増やす。一番良いのは両親に働いてもらうことかも。

70歳以上だとシルバー人材センターとかでしょうか。

外部リンク全国シルバー人材センター

※リンクは新しいタブで開きます

 

もちろん自分も副業したりするとさらに良いでしょう。管理人が副業始めたのが40歳を超えてなので誰でもできると思います。

私も同じくらいの収入層なのですが、このくらいの年収の人が一番リストラされて仕事無くなりやすい気がします。貰ってる給料的に替えが利く仕事だったり、部門ごと削りやすかったりするので。

 

まぁ、40歳だとまだまだ時間はあるので焦らずやっていけば、十分好転すると思うので、管理人なら腐らずコツコツ働きつつチャンスを待つのかな、と。

そう考えると人生も投資も同じなのかも知れません。

けっこうピンチのときでも卑屈になり過ぎず、時間を味方につけるのが良いかな、と。肌感覚で申し訳ないのですが、お金なくても人生を楽しく生きていると、どこかで誰かが助けれくれることが多いと思います。実際に私なんかはそうでした。

 

あと、個人的に大切だと思うのが友人かな、と。

記事には書いてなかったので違っていたらゴメンナサイなのですが、心を許せる友人がいるかどうかで幸せって変わると思うんです。

お金の融通をしてもらうワケじゃないのでリアルでもネットでも良いです。何かあった時、自分の味方をしてくれる友人がいるとメンタルは安定するし人生や心の豊かさとか変わるので。

 

これは最近の研究でも明らかになっているんですが、友達を3人持つだけで人生の満足度は96%上がるようです。

わりと低収入でも人生に満足している管理人は友達のおかげと確信しています。贅沢をするより気の合う仲間とワイワイするのが楽しいので。

これは人脈と置き換えても良いかもですね。

 

ちなみに参考はこちら。

2021年9月5日時点ではKindle Unlimitedを使っていると無料で読めるので、もし加入している人はどうぞ。

さらさらと読みやすく1時間くらいで読めました。友達増やす以外にも参考になることが多かったです。

 

長々となってきたのでそろそろ終わります。

おわりに|40歳・手取り17万円・毎日カツカツと悩むより明るく生きよう

積み木で遊ぶ子供たち

ネット記事を見ていると悲観的になることが多いですね。

しかし私たちは幸せになるために生まれてきたはずです。とくに親御さんは子供さえ幸せならばと思っているんじゃないかな、と。

であれば、生きるのにカツカツだと心を暗くして日々暮らすより、少しでも明るいことを探しつつ好転させていきたいな、と私なんかは思いました。

 

もちろん楽ではないですけどね。

管理人はスヌーピーの言葉でこれが一番好きです。

「配られたカードで勝負するっきゃないのさ、それがどうゆう意味であれ」

 

生きていると大変なときもあるし、今は笑えないときかもですが、ちょっと落ち着いたらゆっくり歩いていけば良いかな、と。

一回目の人生なので上手くいかなくて当たり前程度に気楽に歩いていきましょう。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

気楽にいこう、と書きたかった記事なのですが、もちろん大変なときにそんなことを思う余裕なんてありません。

それも分かります。

管理人はそんなときは読書に救われてきました。とくに助けてくれたのは下記です。

blank
created by Rinker
¥1,100(2021/10/24 09:49:31時点 Amazon調べ-詳細)
blank
created by Rinker
¥770(2021/10/24 06:24:56時点 Amazon調べ-詳細)

カーネギー不朽の名作です。

今日だけを頑張れば良い。明日のことを考えるから不安に押しつぶされるのだ。今日だけを生きよう。

キリストも言っていた言葉ですがホントこれですね。自己啓発系と思われがちなカーネギーですが、個人的には友達を作ったり、不安を解消することを教えている人のイメージです。

名著だし安いので、今がしんどい人は是非。

 

こちらも良かったです。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました