申し込まないと損?1年間無料の楽天モバイルが凄い!

【ネットの弊害】20代で1000万、2000万と資産を積み上げてる人ばかりに思えてくる

お金と投資
↓良かったら応援クリックお願いします!
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

Twitterを見ているとタイトルずばりのtweetがありました。

めちゃくちゃ共感するとともに、何とかなるとも思ったので短い記事を。

氷河期世代なんで今の若い人を羨んじゃうけど、人生は配られたカードで勝負するしかありません。

スポンサーリンク

【ネットの弊害】若い人たちが眩しすぎる

ネットというよりSNSの弊害かもですね。

どうしても偏った情報ばかりが集まってしまうのは「あるある」だと思います。

人間って信じたいものだけしか見ない面もありますし、類は友を呼ぶじゃないけど周辺情報ばかりになっちゃうことも。

 

管理人の率直な意見は「若い人が眩しすぎる」です。

 

まぁ、基本的にはどの世代も特有の苦しみとか厳しさを抱えているんですけどね。なかなか自分に置きかえるのは難しいものがあります。

超就職氷河期の就職大変だったとかいっても体験しないと分からないし、それにしたって人それぞれだったでしょうし。

ライフシフトを見ていると若い人たちが老後まで生きるのって超ハードそうですしね。やはり、どの世代も大変。

 

ななし
ななし

個人的にはしんどい話が多かったけど、人生100年を生き抜くのに読んで損する本ではないと思いました。

 

とはいいつつ、私も20代のころから投資を始めたので、今の若い人って賢いよなぁと思うことの方が多かったりします。

あと、ヤンキーが普通の時代に生きていたので、最近の若い人はみんなオシャレだなぁ、とも。

若者の〇〇離れとか言われてますが、けっこう人生を楽しんでるし、昔に比べてめちゃ効率的に頭良く過ごしているのではないでしょうか。

 

Twitterとか見ていると1000万、2000万を持った20代ばかりに見えてくる

これは仕方ないですね。

良いことは呟きたいですし、カッコ悪いところは見せたくありません。

管理人みたいにブログとかしてると今年の年収370万円なんですけど…みたいな情報が入ったりしますが、あまり開けっぴろげにはしませんし。。

やはりすごい情報ばかりが目立っちゃいます。

それを見て一人で凹んじゃう。。

 

こういったときにオフ会とかあると一般的な人のリアルな投資状況とか分かって勉強になるんですけどね。

新型コロナが落ち着かないと難しいかも。

 

違うところに目線を合わせてみる

投資の羨ましい面だけ見ていても仕方ないですよね。

他の部分を見てみると、例えば今投資をしていることとか超絶プラスのことだと思います。管理人はもし投資をしていなかったら、けっこう絶望的状況だったかもです。

 

tweetしていたむらちゅう@saikintoushiさんは39歳です。三人の子供さんがいて、もちろん大変なんですけど楽しいことも多いかな、と。

あと39歳ってまだまだ若いですし、思ったより投資期間が長く取れますよ。

庶民は嫌でも70歳まで働くのが普通の時代になってくるとすれば30年くらい投資ができます。30年ってめちゃ長いですからね。

30年10倍の法則は無理にしても、30年4倍ならけっこう余裕で、複利にすると4.8%でOKです。4.8%だと何とかなるかな、と。

 

ちなみに30年10倍というのはコレ。

配当再投資後の米国株式リターン~敗者のゲームより

出典:敗者のゲーム

あながり無理じゃなさそうに見えるのが怖い。。

毎月2万円投資していたら30年後は毎月20万円取り崩せてしまう…

 

現実的なところに目線をうつすと、月3万円を30年4倍なら月12万円+年金でこれは現実的かな、と。つみたてNISAの上限額はめちゃ良いセンいってると思います。

関連記事庶民の投資には月2~3万円で十分なんだと思う

※リンクは新しいタブで開きます

 

たぶん投資を始めていなかったら、若い人の投資tweetをみて凹むことも無かったと思います。

それは代わりに投資なしで老後を生き抜くというハードモードを選択するということで。。結局、痛し痒しで、何かをしていれば相対的に自分を悪く見ちゃうんですよね。

ここらへんは人間の弱い部分なのかも。

 

欧米だとこういった時は神に祈って心の安寧をとりもどすのでしょうか。

カーネギー普及の名著『道は開ける』だと、先のことを考えすぎて人間は苦しんでいるとか書かれていて、対策にはわりと神に祈るとかが多いです。

 

おわりに|自分は自分らしく生きれば良い

ストリートミュージシャンで稼ぐ女の子

人と比べちゃうとしんどくなることが多いですよね。

コントロールできるのは自分だけなので、相対評価じゃなく絶対評価で自分の手が届く幸せを見つけておくのが良いかも。

これが管理人の思う自分らしくだったり。

 

というワケで短いですが終わります。

人の投資額と比べると大変すぎるので、過去の投資元本や株数より増えていることを喜びながら長期投資を続けていきましょうね。

私はそんな感じで緩々とやっていきます。

 

お読み頂きありがとうございました。

応援クリックをして頂けると毎日更新する励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事です。

人生後半戦のポートフォリオについて考えてみる

実在する本の話で、ポートフォリオと書かれてますが投資系ではありません。

自分時間をどうやりくりするか、というお話。

 

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました