忘年会のカラオケ練習用として最強?Amazon Music Unlimitedが99円!

詳細はこちら

人生100年時代は投資だけでは難しそう。ゆるく副業を取り入れていく

資産形成(お金をゆっくり積み上げる)お金と投資

人生100年時代という言葉を最近よく聞くようになりました。

長生きリスクというのも良く聞きますね。

老後の不安だけでも大変なのに、さらに長く生きるとなるとお金の心配はますます深くなる人は多そうです。私が実際に悩んでいます。

 

記事内容は、10数年にわたって投資信託で積立&老後資産の運用等をしている私が、ちょっとこれだけでは足り無さそうだぞ、と思った事を書いています。

また、対策として本格的に副業を準備していく方が良さそう、という事にも触れていきます。

 

収入や支出は人それぞれですが、私の老後シミュレーション(超大雑把)があなたの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

人生100年時代とは

●ある海外の研究では、2007年に日本で生まれた子供の半数が107歳より長く生きると推計されており、日本は健康寿命が世界一の長寿社会を迎えています。

●100年という長い期間をより充実したものにするためには、幼児教育から小・中・高等学校教育、大学教育、更には社会人の学び直しに至るまで、生涯にわたる学習が重要です。

●人生100年時代に、高齢者から若者まで、全ての国民に活躍の場があり、全ての人が元気に活躍し続けられる社会、安心して暮らすことのできる社会をつくることが重要な課題となっています。

出典:厚生労働省「人生100年時代」に向けて

厚生労働省がこんな事を言い出しているので、どんどん長寿化をしているという事ですね。

私は1976年生まれですので、100歳まで生きられるかは分かりませんが、勝手に85歳くらいで寿命が尽きると思っていました。

 

ここにきて少し考えを改める必要がありそうです。

というのも、老後への資産準備が85歳くらいまでしか考えていなかったから。。

一生働く世界はちょっと勘弁してもらいたいところです。

 

副業ナシ、投資だけで人生100年時代を生き抜けるか

我が家の場合、そこまで支出は多くないので良く目にする28万円、はたまた35万円以上みたいなものは考えていません。

ざっくり現在の物価で20万円もあれば十分に過ごす事ができています。

問題点は私の所得が少ないので、厚生年金の予想金額が少ない事です。

 

実際、年金の手取りも暗い見通ししか出来ません。

妻の国民年金をあてにしない場合、下手をするとインフレ考慮後で12万円ちょっとかな、とも思っています。

これなら月8万円、年間100万円の不足を老後資産から取り崩すだけに思えますが、国からの強制徴収があります。

 

ざっくりと下記のもです。(数字は私が思っている概算値)

  • 住民税(年間3万4千円)
  • 健康保険(年間18万円)
  • 介護保険料(年間8万4千円)

くらいは必要になります。保険関係だけでガンガン削られていきますね。

 

少子高齢化で保険料は上がりつつ、年金は実質削減はかなり確率が高そうです。

この時点で年間30万円弱。月にして2万5千円です。

もう少し多めに見積もっておいても良いかも知れません。

 

上記を考慮して年間130~150万円くらい不足すると考えた方が良さそうです。

大型家電の買い替えやらでプラスをして、ざっくり3000万円くらいを用意していれば大丈夫と思っていました。

65歳から年金を受け取りつつ、85歳で寿命を迎えると年間150万円ずつを取り崩して丁度良いかなぁ、と。

 

自分の計画だと85歳くらいまでしか考えてなかった

何となくは気付いていましたが、やはり3000万円程度では厳しい現実が待っていそうです。

ちなみに退職金なんてものは転職を繰り返している管理人にはありません。

うっかり95歳くらいまで生きてしまうとなると年間150万円、10年で1500万円の追加資金が必要です。

 

年金支給までに3000万円くらいは余裕で貯まるだろうと思っていたところに、1500万円はハードルが高い。どう考えても高過ぎる。。

つみたてNISAでの出口戦略は考えていたつもりですが、もう少し練り直した方が良いかも知れません。

関連記事【投資初心者向け】つみたてNISAの出口戦略。積立投資も同じです

※リンクは新しいタブで開きます

 

私のつみたてNISAはS&P500一本槍です。

これはこれで最適解だと思うのですが、取り崩す時期から長期不況が20年来たら3000万円を切る可能性もあるわけで。。

なので、副業をして準備をしていっている最中ですね。

 

投資のみで人生100年時代は難しいなら副業で対策

お金に座っている老夫婦

生活防衛費を取り崩したり、投資がそれなりに実ったとしても、1000万円の上乗せは必須となってきますね。

というワケで、もう少し老後資産のペースを増やす必要があります。

あと20数年は余裕があるので年間50万円。月4~5万円です。

 

対策①副業で老後資金を増やしていく

次に移る業界は安定するけど低収入なので、本業+複業(副業)が良いかな、と。

今すぐ複業(副業)が成功しなくても、老後までにある程度の基盤ができればOKなので気長に準備をしています。

これは読者様におかれても、本当に小さなレベルで十分なので副業を持っておくと精神的安定ができます。

 

管理人の体験上おすすめなのはWebライターですね。

関連記事月1万円のお小遣い獲得術!スキル無しからでもWebライターはおすすめ

※リンクは新しいタブで開きます
ななし
ななし

実際に月12,000円の安定収入になっています。月4本の金融コラムを書かせて頂いています。

 

コラムを書く時間は、月12時間くらい。頑張って本数増やすことも可能。

 

飲食店アルバイトの経験があるなら、月2~3回くらいアルバイトとかは個人経営の店舗などは人不足で仕事がありそう。

目利きができる人はせどりとか転売もありかも知れません。(管理人は全然できません。)

 

とはいえ、20年も継続して副業ライターで月4万円は無理がありそうなので、他のことも試しながらですね。

 

対策②老後も副業や労働をしながらセミリタイアをする

すこし楽観的に考えると健康寿命も延びるので働ける期間も増えます。

また老後いきなり無収入で過ごす必要もありません。

今から副業の経験を積んでいく事で、老後までに月4万円の収入源を作りにいけば10年くらいは何とかなりそうな気がします。

65歳から75歳くらいまでがセミリタイア期間という感じでしょうか。

 

月4~5万円くらいならアルバイトでも良さそうですね。

時給1,000円なら40~50時間。副業とプラスしながらでも何とかなりそう。

 

社会とのつながりと現金も得られるのは大きなメリットです。

10年働けば500万円くらいになります。

元気な人なら月100時間は余裕かも知れませんね。

そうすると投資+年金+労働でかなり余裕なのかも。

 

対策③副業で老後資産を増やしつつ老後も少し働く

管理人が考えているのは以下の2つをする感じです。

  • 現在進行形で副業をして老後資産の投資に回す
  • 副業はそのまま65歳以降も継続する

20年ほど副業をすれば老後資産にも余裕が出てきます。

 

副業収入ではコツコツ海外ETFを買っているので、配当金も自由に使えるのも強いかな、と。

皮算用ですが、現在月1万円くらいは配当を貰っているので、月3万円くらいに育てばけっこう大きいはず。

配当は成長する債券のようなもの

画像はS&P500ETFのVOOですが配当は成長する債券のようなものです。

関連記事VOOはアメリカだけでなく全世界で売上を出しまくる優良企業の海外ETF【評価と将来見込みあり】

※リンクは新しいタブで開きます

 

投資も副業もコツコツと続けるのが一番良いと思っています。

金額が大きくなくても生き残ることが大切というのは両方に共通しそうですね。

 

子供が大きくなれば、妻がパートなどいろいろ方法はあるのですが、出来る限り自分で何とか出来るようにしていきたいところ。

たぶん、妻が働きに出るのは子供の教育費とかで助けてもらう時だと思います。

まとめ|人生100年は副業と投資の両輪で乗り切る

  • 人生100年時代や長生きリスクという言葉を良く見るようになってきた
  • 現在、準備しているものは自分が85歳くらいまで生きる老後資産
  • 95歳まで生きる可能性を考えると1000万円くらいはプラスをしたい
  • 現在の収入でそこまで老後資産を増やすのは難しいので副業をしていく
  • 20年で副業の練習をしつつ500万円、老後に月4万円を稼いで10年続ければクリアが出来そう

国が副業や投資を奨めるのも分かりますね。

せっぱ詰まった状況ではありませんので、これを機にゆっくりと準備をしていこうと思います。

当記事が皆さまの老後計画の参考になれば凄く嬉しいです。

 

米国株投資で儲けるなんてスタバでフラペチーノを飲むくらいカンタンさ!

出典:バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

配当を欲しい!と思う人は、この一冊がおすすめですね。

 

関連記事です。

氷河期世代の私達はいつまで働くのか、少子高齢化はいつまで続くのか

少子化高齢化と人口減少が止まるのは2100年のようです。

年金支給70歳、働くのも70歳までというのが当たり前になってきましたね。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました