ベストバイストック2019開催中

新規も既存も対象の激アツセール開催kindle Unlimitedが99円!(12/9まで)

詳細はこちら

3万円の配当金ゲット|配当は株式リターンの源泉だと改めて実感した【海外ETF】

お金を生み出すキャッシュマシーン海外ETF

配当金の再投資がリターンを押し上げるというのは、いろいろな投資本をみていると良く出てくる話。

でも、なかなか実感しにくかったりしませんか?

 

管理人は海外ETFだと12年以上銘柄を保有&投資してきました。それでもピンとこなかった方です。

2019年に入り、外国株式の最低手数料が撤廃になって、やっと実感をしてきました。

 

記事内容は2019年9月分の配当が300ドルを超えてきたので、入金報告と再投資の強みについて書いたものです。

結論を先に書いてしまうと、配当金を受け取ることで「株式投資」「長期投資」への理解と確信が圧倒的に深まります。

 

これから配当を欲しいという人は、たぶん100万円分くらい保有すると実感ができるかな、と。・

当記事が、ちょっとした投資の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

海外ETFから300ドルの配当金は思ったよりインパクトが大きい

お金を生み出すキャッシュマシーン

米国株は年4回の配当というのが多いです。

3月、6月、9月、12月に集中しますね。

2019年9月分の配当が続々と入金されてきました。

VYM配当金2019年9月分

最近大好きなVYMの配当金

2019年9月度の配当金

2019年9月度の配当金

※スマホの方、字が小さくてスミマセン

曜日の関係で月またぎの銘柄もありますが、だいたい出揃ってきました。

日付銘柄株数配当金$
2019/10/4HDV209$139.35
2019/10/4IJR40$8.21
2019/10/3BAC10$1.31
2019/10/3VSS20$8.07
2019/10/3VT340$106.04
2019/10/3VYM30$16.94
2019/9/26VB20$6.48
2019/9/24MCD20$16.66
小計$303.06

まだ入ってませんが、ブラックロック社のKXIとかIXJも後日入金されます。

配当の主力は全世界株式のVT、高配当株式のHDVです。

時間をかけてVYMも同じくらい入ってくるようにしたいですね。

 

3ヶ月に1度、300ドルだと月1万円くらい。

金額で見ると大したことが無いように思うかも知れません。

 

しかし、入ってきた配当で海外ETFを買うことが可能です。

VYMのチャート20191007

2019年10月4日時点でのVYMのチャート、画像元はGooglefinanceです。

300ドルあればVYMが3株ほど買えます。

次の3ヶ月後には「お金がお金を生んでいる」を体験できますね。

 

ななし
ななし

老後までコツコツ増やしていけば、元本を取り崩さずに配当金を生活費に使えるのもメリットです。

 

配当再投資が劇的にやりやすくなった

以前は海外ETFを買い付けするのに5ドルという最低手数料がありました。

しかし各社の努力と競争のおかげで、現在は最低手数料は撤廃されています。

関連記事米国株の最低手数料ゼロ、気付いたらネット証券3社が横並びに

※リンクは新しいタブで開きます

 

日本株は100株単位などが多いのに比べ、米国株は1株からの購入ができます。

保有していた資産が生み出した配当で、さらに配当を生み出す資産を買えるようになると、お金持ちがさらにお金持ちになる、というのも理解をしやすいですね。

関連記事海外ETFの配当金再投資が劇的に改善された!1株から買付は感動レベル

※リンクは新しいタブで開きます

 

トマ・ピケティのr>gをリアルに体験と理解ができる

トマ・ピケティが21世紀の資本

「r>g」という身も蓋もない現実

を書いたことも納得しやすいです。

r:return(資産が生み出すお金や投資のリターン)

g:growth(インフレなどを含めた労働者の給与などの増加率や成長)

こんな風にテキストでは分かっても、やはり受け取ってみないと分からないと思います。

 

お金持ちの子供が、これを小さい頃から知っているなら、地頭が良くて勉強ができるとか関係なく、お金持ちの子供はお金持ちになっていくんだな、と。

 

うちの子供は資本主義のトップ30社ともいえるNYダウ工業株平均に連動する海外ETF DIAを持たせています。

小学生のあいだのお小遣いを補填しつつ、大きくなった時に有効活用してくれると嬉しいです。

関連記事NYダウ30種平均DIAは毎月分配(配当金)の海外ETF

関連記事DIAの分配金を確認。株式と債券の海外ETFは子供のお小遣いを生み出してくれるか

※リンクは新しいタブで開きます

 

配当は株式リターンの源泉

黄金の羽をはやした天使

有名なところだと『株式投資の未来』で書かれていたシーゲル教授の言葉です。

1871年から2003年にかけて、インフレ調整ベースで、株式の累計リターンの97%は、配当再投資が生み出してきた。

キャピタルゲインが生み出した部分は3%に過ぎない。

出典:株式投資の未来

正確にはちょっと違っていたりするみたいですが、配当は長期投資において大きな存在です。

 

下の画像を見て貰うと分かりやすいかもです。

生き残り上位20銘柄

画像が暗くてスミマセン…

出典:株式投資の未来

1957年に1,000ドルを投資して、2003年まで配当を再投資した時の「金額」「リターン」「配当利回り」が書かれています。

高配当利回りの生き残り銘柄が凄まじいリターンを上げた実績のイメージが強い書籍ですが、一番下のアメリカの代表的な指数であるS&P500でも十分な効果があります。

 

S&P500のリターンは2003年の時点で124,486ドルになっていますね。

46年で124倍です。

ななし
ななし

???

 

124倍!!\(^o^)/

ぶっ飛びすぎですね。

 

ちなみにS&P500指数だけだと1957年は40、2003年は1,112なので、30倍にもなってません。

下記画像はWikipediaーS&P500より管理人が数字を抜き出してグラフにしたものです。

S&P500指数の長期推移1957~2003

43年間で、40という数字が1,112になっている時点でじゅうぶん凄いのですが、124倍は配当再投資の凄まじさを教えてくれますね。

 

ちなみにWikipediaでのデータを入力したものをエクセルとPDFにしています。

お好きな人はどうぞ。ブログなどで使われる人はリンクを頂けると嬉しいです。

PDFリンク【調べてみた】S&P500超長期実質リターンPDF

Excelデータ【調べてみた】S&P500超長期実質リターンxlsx

※リンクは新しいタブで開きます

 

投資リターンのうち配当利回りは重要

インデックス投資の生みの親であるボーグル氏は『株式投資は勝者のゲーム』で下図のように投資リターンを分かりやすく説明しています。

配当利回り+利益成長=投資リターン

利益成長+配当利回り=投資リターン

出典:株式投資は勝者のゲーム

配当利回りは徐々に下がっていっているものの、投資リターンに占める割合はやはり大きいです。

 

金利低下や、配当を出さずにすべて成長へつぎ込むAmazonのような企業がS&P500を引っ張ってきた事もあり、ボーグル氏は配当をやや低めに見ています。

今後、上がり過ぎた10年の巻き戻しがあるとすれば、配当再投資は依然として安くなった株式を買う原動力になります。

 

シーゲル教授の言う通り、下落相場のプロテクター、上昇相場のアクセルとして黙々とバイアンドホールド、配当再投資を続けていかねば、と思い出しました。

 

おわりに|配当を株式再投資してリターンを最大化したい

最近は、生活にちょっと余裕を持たせるように、配当を使っても良いかな、と思っていました。

しかし実際に入ってきて、手にするとお金を生み出してくれる資産の方が魅力的になってきます。

 

長期投資をしていると、誘惑も多く、いろんな方向へフラフラしそうになります。

そういった時こそ、初心を思い出してコツコツと投資を続けたいですね。

先は長いので、一緒に頑張りましょう。

 

当サイト(氷河期ブログ)では何度も紹介していますが、下記の2冊はオススメです。

長期投資の心強い相棒になってくれますよ。

10年以上前の本ですが、色褪せることはありません。

人生を変えた一冊になった投資家さんも多いはず。

 

バンガードの創始者ボーグル氏の最新で最後の一冊。

こちらは2018年の本です。今後の長期投資を生き抜くバイブルにしたいですね。

 

関連記事です。

配当は下落相場のプロテクター、リターンのアクセル!暴落があるから株価が上がる

株式の上昇が強いからこそ、暴落を恐れてしまいますね。しかし、暴落時に配当再投資をするからこそ、インデックス投資はリターンを上げられる仕組みになっています。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新しているので、通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました