ベストバイストック2019開催中

音楽サブスクリプションの体験用に
Amazon MusicUnlimitedが4ヶ月99円

詳細はこちら

つみたてNISAの存在を忘れていたので金額確認をしてみた|2019年10月

農業のイメージ(コツコツとじぶん年金を積みあげる)お金と投資

最近、海外ETFを貯めているので、つみたてNISAの確認をしていませんでした。

本来、忘れるくらいが丁度良いのですが、ブログのネタとしては良いかな、と。

 

記事内容は、2019年10月6日時点で確認したつみたてNISAの状況です。

あわせて2018年度は一般NISAだったので、そちらの状況も紹介しています。

 

株式100%での運用ですので、ほとんどの人と変わらないかもですが、まずは見てみましょう。

スポンサーリンク

つみたてNISAの状況|2019年10月時点

農業のイメージ(コツコツとじぶん年金を積みあげる)

2019年10月6日時点での、つみたてNISA時価総額は328,496円でした。

買い付け金額は327,267円なので、1,229円のプラスとなっています。

2019年の値動きから考えると、プラマイゼロみたいなのが良いのかどうか。

 

現在の時価評価額は328,496円

とりあえずスクリーンショットです。

つみたてNISA保有状況20191006

時価評価額は328,496円。リターンも出ていないし20年後に期待といった感じです。

 

投資しているのはeMAXIS Slim米国株式(S&P500)です。

そういえば、SBI・バンガードに対して信託報酬を同程度にするといった動きが出ていません。

まぁ、年内には何かしらの動きがあるでしょう。

 

S&P500はこの10年間上がり続けたので、今後10年は低迷し続けるという可能性もありますね。

米国株オワコン説が少しずつ言われ始めているので、管理人としては嬉しい限り。

というか、低迷してくれた方が、口数多く買えて嬉しいですよね。

どうせ使うのは20年後なので、コツコツと貯めていきます。

 

積立状況

つみたてNISA積立状況20191006

楽天カード引き落としの都合上、2019年1月は買付設定ができなかったので、今年度は11回に分けて積立になっています。

だから33,333円よりちょっと多いんですね。

 

先ほど実際プラマイゼロと書きましたが、楽天ポイントを考えると今年度は1%プラス。

考えたら、めっちゃ大きいです。

毎月5万円まで枠が使えるので、余った分は楽天VTIを積み立てています。

 

余談ですが、楽天VTIが急落でマイナスになった時にはコツコツと損失を出していたりします。

海外ETFでの配当金と利益を相殺して、ちょっとでも税金を取り返すという方法。

まぁ、もし儲かっていたら、それは喜ばしい事なので、どっちに転んでもOK。

そして楽天ポイントは確実に1%貰えます。

 

楽天証券で投資信託をカード引き落としをする人が増えたらなぁ、と思います。

公式リンク:楽天カード

公式リンク:楽天証券

普通に美味しい方法なので。

 

評価額の推移

つみたてNISAの推移20191006

今年の値動きが良く分かりますね。

マイナスの時が少なかったのは少し意外な気がします。

Twitterのタイムラインだと悲観的な呟きが多かったので。

 

下がれば安く買えますし、上がったらそれは素直に嬉しい。

やはりどちらでも良い、と思って投資してるのが精神的に良いと思います。

つみたてNISAに関して、管理人は20年後に儲かっていたら贅沢、損をしていたら清貧に暮らそうと思っているので、ほとんど気にならないんですよね。

関連記事つみたてNISA|20年後に儲かっていれば贅沢をする。損をしていれば清貧に暮らす

※リンクは新しいタブで開きます

 

つみたてNISAは2019年より始めました。2018年は一般NISAでした。

理由は2017年に投信積立をしていて、たしか12月27日の買付が2018年扱いになったとかです。

唖然としたのと、面倒なので1年分ちょっとを2019年1月に一気買いしたのを覚えています。

こっちもちょっと見てみましょう。

 

一般NISAの状況|2019年10月時点

気球を上げる少年

2019年10月6日時点での、一般NISA時価総額は1,154,663円でした。

買い付け金額は1,110,856円なので、43,807円のプラスとなっています。

そういえば2018年1月に一気買いした後、20%くらいの急落があったのを思い出しました。

結果としてはバイアンドホールドしていれば報われているのが数字で分かります。

 

現在の時価評価額は1,154,663円

一般NISAでの楽天VTI状況20191006

2018年1月当時はまだeMAXIS Slim米国株式(S&P500)は誕生していませんでした。

なので、楽天VTIに投資をしてます。

配当込みで1~2年でプラス3~4%なので個人的には十分ですね。

 

信託報酬も落ち着いてきたので、楽天かeMAXIS Slimなのかは好みの問題でしょう。

管理人はeMAXIS Slimシリーズは現物運用をしているので好みです。

海外ETFなら自分で買い付けることができるので。

 

一般NISAの評価額推移

一般NISAの推移20191006

こちらも見て初めて気が付いたのですが、トータルリターンで沈んでいた時がけっこうありました。

特に2018年12月24日のクリスマスセールのような急落では、大きく下がっていたんだな、と。

 

楽天VTIは配当を出さずにファンド内で再投資してくれるため、長期で見れば徐々に上がっていくと思います。

もちろん低迷期はあるにせよ。

一般NISAなので、非課税期間があと5年しかなく、損益の通算ができないので、どこかで現金化したりを考えたりする必要があります。

 

おわりに|つみたてNISAは忘れるくらいが良い

時価評価額や、資産の推移などを久しぶりに見たのですが、急落等があっても「あんま変わらん」という事も多いです。

また、下落していても特に対応ができるわけでもありません。

 

なので、気にせずコツコツと続けるのが良いですね。

下落していても腹落ちした投資信託なら、時間が解決してくれることも多いです。

積立投資は退屈くらいでちょうど良い。そんな付き合い方でのんびりといきましょう。

 

created by Rinker
¥1,870(2019/12/14 10:19:02時点 Amazon調べ-詳細)

何度も紹介しているのですが、達観するには敗者のゲームが超絶おすすめです。

来週の天気は分からないが、来年の気候はこれくらいだろう。

こんなフレーズがちょくちょく出てくるので、急落があったりしたらkindleで暇な時に読んだりすると次第に慣れてきますよ。

 

お読み頂きありがとうございました。

この記事を書いた人
ななし

1976年生まれ、超就職氷河期世代のインデックス投資家。投資情報を中心とした当サイトの管理とWebライターをしております。自己紹介は「ななし」をクリックで。

毎日更新なので通勤のおともにして貰えると嬉しいです \(^o^)/

ななしをフォローする

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました