【悲報】Amazonプライム会員の値上げ【対策あり】

40代から毎月1万円の不労所得を作る方法を3つ紹介【全て体験談】

資産形成 お金と投資

毎月1万円、自由に使えるお金があったら良いなぁ。給料が後1万円増えたら手取り30万円になるけど、昇給は期待できない。。

こんな風に思っている人は多いでしょう。私も同じような事を日々思います。

管理人は零細企業勤務という事もあり、基本的には昇給は期待出来ません。今年は据え置きでした。(2018年は2千円…)

記事内容は、管理人でも出来た月1万円の不労所得の作り方を紹介しております。月1万円というのは、やってみると案外できるものだったりします。

現役世代なら生活に余裕を与えてくれますし、老後の生活には大きな助けになるでしょう。

タイトルだけ見ると詐欺だろうと思うかも知れませんが、実際にやってきている事だけを紹介します。

  1. 株式で配当金を貰う
    (難易度簡単:リスクあり:必要資金大きめ:精神力超重要
  2. ブログを書いて広告収入を貰う
    (難易度中級:リスクほぼ無し:年間資金1万5千円:継続力が重要)
  3. 自分のスキルを買って貰う
    (難易度簡単:リスク無し:必要資金無し:外れても色々チャレンジしやすい)

どれも胡散臭く見えますよね。私も自分だったらそう思うかもです。

とはいえ、サイトでも公開しているように配当金は月1万円をクリアしています。

関連記事海外ETFで毎月1万円の配当金を得るために必要な金額はざっくり700万円

株式投資やブログを書く、スキルを買って貰うとか難しそうに思うかも知れませんが、月1万円レベルなら私でも出来ている事です。

それに1、2、3を合算して月1万でも良いですし、どれか自分の得意分野を活かして一点突破も可能です。

月1万円は落ちていませんが、自分で作り上げるのは可能です。一度、やってみて合わなかったら撤退しても大丈夫なので、起業するとか終業後に副業するより気楽ですよ。

あと、ここで管理人の体験談を見るのは無料なので、当記事が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

株式投資をして配当金を貰う

一番簡単で確実なのは高配当株式ETFを買って、永久の保有しつつ配当金を貰い続ける事です。

リスクとして株価の変動があります。あと、配当金が貰えるといっても年3~5%程度です。けっこうな現金が必要になります。

実際、10年以上続けている私の肌感覚でいうと税引き後で2%というのが実感です。現金で600万円×2%=12万円くらいです。

2018年海外ETFの配当金合計

2018年海外ETFの配当金合計

2018年に楽天証券で保有している株式から受け取った配当金は149,169円です。月割にすると1万円ちょいですね。

実際に2019年3月21日時点での時価は7,289,790円でした。

海外ETF時価2019年3月21日時点

海外ETF2019年3月21日時点の時価

関連記事海外ETFで毎月1万円の配当金を得るために必要な金額はざっくり700万円

難易度は簡単だけどリスクはもちろんある

やるのは簡単ですが、サラリーマンがお小遣いからぽんと出せる金額ではないですね。600万円あれば高級車が買えます。

ただ、お金で解決は出来るので簡単ですよ、というのを理解頂けるかな、と。誰でも再現性があるのが強みです。

管理人の銘柄ならブログで公開できます。

日付株式銘柄金額
2018年1月4日VA WORLD STOCK15,350 円
2018年1月9日ISHARES HIGH DIV9,981 円
2018年1月9日ISHARESCORE SCAP975 円
2018年1月10日VANGUARD SML-CAP1,424 円
2018年1月10日VA ALLWORLD X-US3,686 円
2018年1月11日ISHARES HEALTH1,822 円
2018年1月11日ISHARES CONS STA4,258 円
2018年1月12日BANK OF AMERICA110 円
2018年1月18日ALTRIA GROUP INC601 円

アメリカ株式は年4回配当が普通なので、これが4回分くらいです。

1月、4月、7月、10月に配当を貰っています。買う銘柄は海外ETFでVA WORLD STOCK(全世界株式ETF=VT)ISHARES HIGH DIV(米国高配当株式ETF=HDV)を半々くらい買うと同じくらいになります。

ETFというのは株式銘柄を丸抱えしたものが一番イメージが近いです。

日本で分かりやすいのは日経平均ですね。コレは日本を代表する225銘柄を丸抱えしてます。一社が潰れても225銘柄が全滅は無いので倒産でスッカラカンという最悪の事態は防げます。

株価の上げ下げがあるのでリスクはあります。リーマンショック級の金融危機がくると半額のリスクと隣り合わせです。

ただし、株価の値動きに比べると配当は遥かに安定した動きなので将来を読みやすいです。特に欧米の企業は配当をしっかり出す傾向にあります。

ななし
ななし

いきなり数百万円を出すのではなくて、勉強しながらゆっくり増やしていく方が個人的にはおすすめですね。

株式会社は株主のもの

株式会社の存在理由は出資者(株主)へ利益を出すことです。株式会社は社員のものでも、お客様のものでも無く、ましてや社長のものでもありません。全て株主のものです。

株主は働きもせずに、、、と思うかもしれませんが、株の値動きや倒産のリスクを全て引き受けています。これが資本主義です。

ちなみに粉飾決算をされて一番リアルにダメージを受けるのは株主です。

まずは小額から株式投資をして配当金を受け取ってみよう

大きい金額から投資をすると、2018年12月のような急落を受けた時にアタフタします。

そして思っている以上に、人は損失に対してダメージを受けます。だいたい得した時の2倍くらいと言われていますね。

行動経済学のプロスペクト理論というやつです。下の画像が一番よく見るタイプですね。

プロスペクト理論の画像

画像引用元:Wikipediaープロスペクト理論

というわけで、一気に投資をすると損失時のダメージで投資をやめてしまう人がほとんどなので、ゆっくりとやっていきましょう。

金額を少なくして月1,000円なら60万円。これだと手が出しやすいかもです。ゆっくりした投資の仕方は、当サイトのまとめ記事が参考になると思います。

ブログを作って広告収入を得る

パソコン操作する女性の手元

ある程度つくりあげるまで無収入労働に近いですが、ブログを書いて不労所得にするというのも可能です。

実際に管理人がブログを書いてますから、これも実体験として伝える事が出来ます。

当ブログも僅かながらに広告収入があります。

ときおり入っているスポンサーリンクというものや、Amazonなどで書籍を紹介しています。ここから収益が生まれます。

ただ、管理人の場合、本を紹介しても図書館や安い中古本を推奨しているので収益性は弱いですけどね。

毎日、何かしら記事を書いており、現時点で300記事を越えています。過去に書いたものは残ります。

ブログと広告は24時間営業していて、誰かが過去の記事を読んでくれるのは良いですよね。

株の配当とは違った意味で不労所得になります。

ブログはけっこうハードルが高い

ブログで稼ぐというのは良く聞くけど、もうオワコンなんでしょ?と思う人も多いでしょう。

あと、自分の文章なんか読んで貰えない。書くことが無い。こんな意見も多そうです。

私も2018年の4月に始めたので「稼げる」とは言い切れません。積極的にオススメしようかというと、難易度は配当金で月1万円得るより高くて努力が必要です。

ハードルは以下の3つです。

  • サーバー代等のランニングコストもかかります。年間1万5千円くらい
  • 記事を書くのは普通に労働だと思います。始め方はGoogle先生に聞いたら解決
  • 一番高いハードルが続ける事。とにかく最初はしんどいです

始めるのは容易で損失は限られている

上でハードルは高いと書いていますが、何かやってみようかなと思っている人には良いと思います。

実際に管理人が1年近く続けたところ、毎日続けていたら月1万円というのが現実です。副業解禁や老後の所得確保には良い経験にも感じます。

センスのある人はもっと簡単かも知れませんが、私くらいが中央値と思います。簡単では無いですが努力で何とかなる範囲がこのくらい。

現在進行形の体験談です。月1万円の配当金を貰うのと同様の事を【現金を使わず】にできるのが良い点です。

失敗しても失うのは時間と、やめるまでのサーバー代くらいです。合わなければ撤退が出来るのも良いところと思います。

とりあえず始め方を知りたい人はヒトデさんが運営しているヒトデブログが分かりやすいです。

外部リンク【初心者向け】滅茶苦茶わかりやすいブログの始め方!|収入を得られるブログの作り方

これ以上なく分かりやすく書かれています。

一度やってみようという方には、Ryotaさんが運営しているParallel Roadがオススメです。

外部リンクブログの作成方法『立ち上げから副業としての稼ぐまでの手順』

Ryotaさん自身、いくもの仕事をしているパラレルワーカーです。

当ブログは年収300万円が生き抜く、と書いていますがParallel Roadは「年収200円時代に生まれて」とあり親近感を覚えています。

ななし
ななし

いろいろな体験談が書かれているので、共感できる面も多くて読みやすい人が多いかも。(けっこう失敗談も明かしてくれています)

自分のスキルを売る

英会話

自分のスキルを売るというのも不労所得の一つになります。

が、スミマセン。。

管理人はまだスキルを売って月1万円とかはまだ出来ていません。

ただココナラというスキルを売ったり買ったりできるサイトがあり、そこで「当サイトで個人ブログの広告をします」というズバリのものを売っています。

ココナラ広告(フリハピ!)

こんな感じで広告しています

1,000円で販売していて1月、2月、3月の合計で5,000円です。まだまだ先は長いです。

とはいえ、ブログに紹介するだけというシンプルな内容で、こちらから誰に営業をするでも無く売れるので、こちらも不労所得といえます。

ブログ書いてないから、そんな事できるワケない、という声が聞こえてきています。私も無理やりな三つ目の事例だと自覚しています。

とはいえ、ココナラの良いところはスキルとして売るなら、公序良俗に反しなければ何を売っても大丈夫です。

ただ副業に興味がある人が簡単に始めてみるのには一番良い方法かな、と思っています。

「仕事の愚痴を聞きます」「あなたのブログを素人目線で見て感想を書きます」「占いをします」などホントに様々なものがあります。

他には「塾講師をしていたので、お子さんの塾選び相談にのります」というのがありました。これは上手いなと思います。

親御さんは学習塾の裏事情とかは知らないので、聞きたい人にとってはネット上で聞けるのもメリットですよね。周りに聞くのはなかなか難しかったりしますので。

何か自分の体験談で売れそうな「モノ」をテキストで作っていて、買ってくれる人がいたら送るだけ。こうなれば不労所得の一つです。

そして完全無料で身バレする事なく始められるのが魅力です。

売り買いのお金の部分はココナラが入ってくれるので安心です。(代わりに中間手数料はかかりますが安心の方が大きいです)

登録して色んなカテゴリを見て、出来そうと思ったものを真似してみながら始めるのは良いと思います。

こちらは、やってみて売れなければ撤退したり、何か別のアイデアが思いついたら商品を追加していくというのも良いですね。

実際には多くのものが最低金額500円から売っているので、興味があるものを買ってみて「これなら自分で出来るかも?」という感じで始めるのもありです。

公式リンク:ココナラ

管理人の販売しているページとか恥ずかしいレベルです。ネットで副業をしてみたいと手軽に始めたい方に向いていると思います。
商品ページにリンクしていて新しいページで開きます。

まとめ

  • 管理人が持っている不労所得は3つある
  • 株式の配当金
  • ブログの広告費
  • ココナラの商品(1万円も売れてないのにスミマセン)

まずは失敗を限定的にして始めてみる。続けられそうなら、もう少し頑張ってみる。こんな感じでやっていく事で、現役時代を少し有利に生活しながら、老後資金の安定に貢献させる。

管理人は少しずつでも良いので、コツコツと継続をしていきます。

3本の矢ではありませんが、投資を少しずつ増やして配当金、ブログを書いて広告収入、ココナラでスキルの自動販売機化をしてみる。

3つをすれば、どれか自分に合うかも、という思惑もあります。

本記事が副業や不労所得で悩んでいる人の参考になれば、これ以上ない幸せです。

長文にお付き合いいただき誠にありがとうございました。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました