めちゃお得!Kindle Unlimitedが3ヶ月間199円!4/1まで

楽天カードを作ったら家庭が少し豊かになった、というお話し【すべて実体験】

JCBの楽天カード お金と投資
JCBの楽天カード

今や8人に1人は楽天カードを持っているらしいです。

昔から使っている人にとっては当たり前の話かも知れませんが、使い始めるとイメージは一変してかなり良いカードなのでは?と気付きます。

同じように思う方も多いと思いますし、実際に私がそうでした。

記事内容は楽天カードを作って生活面で変わった部分と、実際にお得になっているのか?という実際のところをご紹介しております。

2019年3月時点で1年半ほど保有した管理人の実感をご紹介します。

結論として全く不便は感じません。それよりも発生する期間限定ポイントで家族サービスもできるので豊かになりました。

ふるさと納税を利用して納税をしながら、返礼品にお米を貰うというのも家族持ちにとっては大きなメリットです。

少しお得なお金の貯め方として参考になりましたら幸いです。

スポンサーリンク

楽天カードを作って豊かになった生活

明るい家族

大きく変わった点は以下の3つ。

  • 当たり前だけど楽天ポイントを意識するようになった
  • 意外と家族とのお出かけで期間限定ポイントの出番がある
  • ふるさと納税をするようになった

私の場合、通常ポイントは未来に投資、ふるさと納税の返礼品分が豊かになって、期間限定ポイントは家族に使っています。

今までよりお金が残るという事は精神的にも嬉しいですね。将来への備えにも、少し贅沢に使うのも自由です。

具体的には、

  • 通常楽天ポイント:たぶん年間1万ポイントくらい=1万円分の投資信託という資産
  • ふるさと納税:返礼品にお米を75kg=3万円くらい現金が不要に(1袋5kg2000円計算)
  • 期間限定ポイント:6000ポイントくらい?=家族で出かけた際の外食費代わりに

ふるさと納税に頼る部分がおおいですが、年間5万円ちかくの現金を使わずに生活できるようになりました。

楽天ポイントを意識するようになった

当たり前すぎますが、今まで楽天アカウントはあったものの使う事はありませんでした。

全てAmazonオンリー。Amazonバンザイでした。

しかし、せっかく作ったカードなので楽天ポイントは気になります。

楽天ポイントが気になると自然にポイントを貯めるようになっていくという不思議なループがおこります。

通算獲得楽天ポイント2019年3月時点

2017年の10月に作っているので、1年半ほどの保有です。通算獲得ポイントは39253ポイント。

もちろん使いまくってポイントを貯めたとかではなく、カード作成時に貰える楽天ポイントや期間限定ポイントが含まれた合計です。

楽天カードを申し込んでポイントが入るまで

現在も普通に申込みをすれば2000ポイントが付与されて、利用したら期間限定ポイントが3000ポイント貰えます。

公式リンク:楽天カード

期間限定ポイントで家族サービスが捗る

マクドナルドで期間限定ポイントを利用

家族でマクドナルドを利用した時の明細です。

基本的に自炊なので、たまに行く外食は楽しいです。お金かからないのも嬉しい。

使うのは超簡単。普通に楽天カードを渡して貯まっているポイントを使うというだけ。

ちなみにですが、全て期間限定ポイントで支払っているのに、利用額に応じて楽天ポイントが貯まります。

全額期間限定ポイントで払っているのにスーパーポイントが付与される

ちょっと意味が分からないくらいでお得です。しかも会員ランクアップ対象で、貰えるのは楽天スーパーポイントです。

ふるさと納税で楽天カード無双

ふるさと納税のお米45kg!

3万円の寄付で届いたお米は45kg

たぶん、楽天カードを持っていなかったらふるさと納税を使う事は無かったかも。

勝手な思い込みで面倒だと思っていたのですが、調べてみたら楽天市場から利用が出来てポイントも貯まるという。。

そんな流れから参戦しました。ちょっと楽天カードに感謝。

2018年は5万円を寄付して、合計75kg(5kg×15袋)のお米が届きました。1袋2000円と考えても大きいですよね。

上記の商品が1万円の寄付なのですが、管理人の場合、寄付しているのに楽天ポイントが貰えてしまうという。。

到着までに時間はかかるものの、送料・消費税込みです。

個人的には住民税の先払いの代わりに、自己負担2,000円で返礼品を貰える制度と思っているので、そこにポイントが貰えるのは反則じゃないかと思います。

ふるさと納税にもちゃんとポイントが付く

ちなみに楽天市場を使うのは、ふるさと納税の時くらいです。

2019年度は総務省からのお達しでお得感は減るかも知れませんが、普通に楽天ポイントだけで考えてもお得な気がします。。

上手くやれば10%とか普通にポイントが付きますので。

外部リンク総務省|野田総務大臣閣議後記者会見の概要

楽天カードを作ったけど変わらなかった部分

楽天経済圏と呼ばれるくらい、色んなところでポイントが貰えたり使えるようになっていますが、支出はそこまで変わっていません。

あと、楽天に依存はせずに今まで通りAmazonを使っています。支払いだけ楽天カードに切り替えたくらいです。

楽天カードに変えて生活満足度はUP

楽天市場をメインで使う事も無く、普通にしているだけで生活満足度は上がりました。

本当に大したことはしていません。やったことは、、

  • 楽天カードの申込み
  • 光熱費、通信費、Amazon等の決済先を楽天カードに切り替え
  • 楽天ポイントが貯まる
  • スーパーポイントは投資信託で運用
  • ふるさと納税で更に楽天ポイントが貯まる
  • 期間限定ポイントが余るので家族サービス

こう見ると、あまり楽天のサービスにどっぷりで無いことが分かります。

使っているうちにダイアモンド会員になっていたので、楽天モバイルに切り替えたくらいです。

意外と低速モードで困ることが無く、通信上限を気にしなくて良いので助かってます。

関連記事:楽天スーパーホーダイの低速1Mbpsは実用レベル!テザリングでモバイルWi-Fi代わりに

もっとお得なカードは確実にあるが

楽天カードよりもマイルを貯めたり、還元率の高いカードはあります。

私は自動的に支払いから1%引きをしてくれるP-oneカードをメインで使っていました。

とはいえ、個人的には何ら不便なく使えているので問題なしです。

ななし
ななし

ちょっと他社より良い部分ですが、利用ごとにメールが来ます。これが案外良かったりします。

不正利用とかの心配は激減します。私があまりクレジットカードを使っていないからかも知れませんが、増えてくれると良いですね。

日常生活の支払いを楽天カードにしただけ

少し上でも書きましたが、私はほとんどAmazonを利用しています。

変わりに支払いを楽天カードに変えました。

せっかくなので楽天とも値段やポイントを調べたら良いのかも知れませんが、送料とか比較するのが面倒なので。。

ネットショッピングが好きだったり、ゆっくり見比べるのが好きな人はAmazonと楽天の両方を上手く使えそうですね。

あ、本を買う時は楽天の方がポイント分お得です。kindleばかり選ぶので使う機会が少ないですが。。

楽天のスパム並みメールはe-NAVIでほとんど無効化

ここが楽天の嫌いなところなんですけど、商品を買った後、セールスメールを届かないようにする必要があります。

うっかり忘れると、あり得ないレベルでメールが来ます。

まぁ、面倒なのでe-NAVIでメール配信の登録・停止から全てチェックを外してしまえば、さほど気になりません。

e-NAVIのメール設定で全てチェックを外す

とにかくメールが多い。。

楽天で嫌な思いをするのはメール爆弾くらいですね。

あとは楽天市場のアプリや、楽天トラベルも普通に使いやすくなっています。昔はごちゃごちゃして使いにくかったイメージでした。

おわりに|資産形成に最強のクレジットカード

繰り返しになりますが、下記の流れだけで私にとっては生活を豊かにしてくれました。

  • 楽天カードの申込み
  • 光熱費、通信費、Amazon等の決済先を楽天カードに切り替え
  • 楽天ポイントが貯まる
  • スーパーポイントは投資信託で運用
  • ふるさと納税で更に楽天ポイントが貯まる
  • 期間限定ポイントが余るので家族サービス

大量のお米と期間限定ポイントで家族サービスは良かったです。とくに我慢を強いる事もありません。

最後に、おまけ的な事ですが、楽天証券がある人はポイントを投資信託に変えておくと良いですよ。

もしもの時は換金性に優れますし、投資で損をしていても「まぁポイントだからなぁ」というのは強いです。

ななし
ななし

何よりポイントを使って余計な買い物が無くなりますので資産形成には最強のクレジットカードです。

もし、まだお持ちでない方は下記のバナー等からどうぞ。

公式リンク:楽天カード

楽天カードがあって楽天証券は持ってない、という方も一度ポイント投資をしてみると(ポイントの)無駄遣いが減って資産形成が加速しますよ。

公式リンク:楽天証券

お読み下さり、ありがとうございました。

 

関連記事です。

資産形成には楽天証券が最強!つみたてNISA・楽天カード・ポイント投資、三本の矢

投資ですぐにお金持ちにはなれませんが、こつこつ投資していくなら楽天証券は現時点では最強です。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。自己紹介は「ななし」をクリックで。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました