副業としてのブログはどうなのか?バイトしたお金で投資をオススメします

コツコツ貯める お金と投資

人生100年時代と言われ、副業や投資をしないと満足な老後も過ごせない現実が目の前にきています。

とはいえ、万全な老後の備えをしている人はほとんどいないと思います。

かくいう私も、考えていた老後資産の運用だけでは甘そうだと思って、WEBライターなりの副業を考えています。

記事内容はブログを副業として考えている人へのアドバイスです。ブログは誰でも始めることが出来ますが、稼げるまでの再現性に難があります。競合が多く、人による、という事です。
記事を書く時間を労働として考えると、当サイト的には労働&投資をオススメしたいです。またブログ以外でネットを使ったクラウドソーシングにも触れています。

管理人は当サイト(氷河期ブログ)の運営期間こそ7ヶ月と短いながら280記事を超えています。個人ブログとしてはそれなりの記事数です。

また、老後に向けた資産運用は10年以上の経験値があります。

リーマンショックを生き残っているので、それなりの暴落経験をしたうえで資産形成をしています。

ブログを副業として考えている方の参考になるはずです。

少し長めの記事になりました。お時間のある時にごゆっくりとお読みください。

スポンサーリンク

副業不要!株式配当金こそ真の不労所得

コツコツ貯める

投資歴の方が長いので、まずは投資サイドからメリットをお伝えをしていきます。

将来の不安は基本的にお金で解決できる問題が多いと思います。私も同じです。

最高のゴールは株式配当金です。働かずして収入を得る「不労所得」というパワーワードの頂点に立っています。

ですので、株式配当金を貰う位置取りをしましょう。

ななし
ななし

画像のように誰かが自分のポケットにお金を入れてくれるなんて最高じゃないですか。その代わりに倒産や株価下落のリスクを引き受ける必要があります。

ただ、倒産リスクは沢山の株式会社に分散をさせるETFという投資信託を使って避けることが可能です。手堅くいきたい場合は債券ETFなんてものもあります。

有名なところでいえばダウ工業平均株価ですし、日本ならTOPIXに投資をする感じです。簡単に購入がする事ができますし、配当も貰えます。

値動きや暴落を避けることができませんが、日本が沈没したりアメリカに巨大隕石でも落ちない限り、配当金を出す企業が全て無くなることはありません。

そして、働かずして分散して投資した会社が生み出した利益は配当として株主へ還元されます。その間、あなたがすることは何もありません。本当に何もないのです。

HDV配当金明細書20181002

字が小さくスミマセン。スマホの場合は拡大で見えると思います。。

昔なら配当通知書がきて、郵便局へいって現金で受け取りをしたりしていましたが、今の時代は上記のようにPDF書類がネット証券で確認ができますし、税引きされた配当金が自動的に証券口座に入金されます。

参考に上げた画像ですが、アメリカの高配当企業数十社に分散投資をする投資信託です。保有して4年以上になりますが、購入時にお金を払った以外に何もしていません。記事を書くため久しぶりに配当金明細を見ました。

 

株式投資は経済とともに成長をする。もちろん配当も成長をする

デメリットは金融危機等で起こる資産価値の下落や元本割れです。

とはいえ、元本が割れても資本主義社会では誰もが幸せになりたいと願い、様々なサービスが生まれ、新しい技術に人はお金を使います。

長期的には経済は拡大を続けます。あなたの身の回りのものを見てください。ネットやスマホだけでなく、いろいろなものが昔より便利になり(物質的な)生活は豊かになっているはずです。

【神】シーゲル神画像

右肩上がりに線を引かれたStocksというのが株式です。6.7%Realというのは、インフレ調整後に株式が生み出した200年の平均リターン/年(配当再投資含む)です。

人間がいる限り、株式会社は無くならないし経済は成長して、株主は配当を貰い続ける世界です。ゆっくりと投資をしながら配当金を成長させていく方法です。

私はリーマンショックも経験しましたが、ゆっくりと株式資産を貯めながら、現在では月1万円ほどの配当金を貰っています。

タイトル通り、副業ならアルバイトで貯めたお金をゆっくり投資に回すと、ゆっくりと不労所得が生まれ始めます。最初は配当金10円でも十分と本気で思っています。

不労所得といえば、アパート等の不動産経営もありますが、何かしら動く必要があります。また、ブログでの広告収入も記事を書いたりと行動が必要です。

株式の配当は本当の意味で不労所得です。代わりにコツコツとお金を貯めて、資産を買っていく必要があり、時間とお金がかかります。

では、反対にブログはどうでしょうか。

スポンサーリンク

ブログは労働所得と不労所得のハイブリッド~しかし難易度は高め

執筆

2018年11月下旬時点で、7ヶ月程度しか運営をしていませんが、現在のところ圧倒的無償労働です。収入を頂くこともありますがブログにかけた総時間で割ると時給数円~数十円レベルです。

副業というより趣味ですね。

1記事を書くのに2時間として考えても、当サイトは毎日1記事を投稿しているので60時間の労働になります。

続けていく間に、Googleから評価をされると検索から人が来るようになります。その中で誰かが広告を見たり商品を買ったりすると広告料が発生するので不労所得と呼べる面もあります。一度書いた記事はずっと残るので、働かなくても広告料を得る資産記事となります。

ただし、記事を書く時間を労働、成果は出来高払いの広告料=報酬として考えると厳しいものがあります。。

自分の考えを発信したりするのが好きでなければ、なかなか続けることも難しいでしょう。

そして読まれる記事=Googleで検索上位にくる必要があります。正直、けっこう難易度高めです。

当サイトの場合、60時間を最低賃金でアルバイトした方が圧倒的に儲かります。

ただし、私もサイト運営をしている通り、やはりメリットはあります。。

例えばWEBライターであったりしますし、将来何かをしたい時にWEBサイト運営をしていた経験値は役に立つと思っています。

もしブログが多くの人から読まれるようになれば、集客力を活かして自宅にいながら収入を得る手段にもなります。

そのために掛かる費用は、私を例に上げるとサーバー代が月1,000円、URL取得のドメイン代が年間1,500円くらいです。基本的にはパソコン一台あれば青天井の収入を見込むこともできます。

無料ブログというのもあります。はてなブログとかがそうですね。

失敗した場合のリスクは、自分が書いた記事の時間と、サーバー代、ドメイン代くらいです。金銭的なものだけなら1万円もあれば出来るので、チャレンジするには非常に良い仕組みです。

自然と人が集まるようになって、何かサービスが流れ始めれば不労所得に限りなく近くなりますね。

広告収入で儲けるのも可能ですし、自分の得意なスキルを売ったりすることも出来ます。売るものは音源であったりハンドメイドといった自分の作品です。ユーザーが価値を認めてくれれば何でも商品として販売が可能です。(違法なものはダメです)

自分の得意なことを書いて、それを元にビジネスの展開が出来るのはネットの恩恵といって良いでしょう。

これほど低リスク、無限リターンのビジネスは少ないと思います。代わりに競争が激しい世界でもあります。

個人的にはネットの移り変わりは非常に速いので、株式配当金よりは超長期でお金を生み出す性質は弱いと感じています。

ちょっと前はSNSといえばmixiでしたがすっかり名前を聞くことがなくなりました。ブログが一般的になる前はホームページと呼ばれていました。ジオシティーズというサービスもありましたが、先ほど検索をしたら無くなっていました。

しかし、誰かの役に立つ情報というのは、絶対的なニーズがあります。以前、Yahoo!にログイン出来なくなる事があり記事にしました。

私としては備忘録的なものですが、同じ境遇で困っている人は検索で当サイトへ来たりします。ほぼ毎日誰かが読んでいます。そんな記事を数百と重ねていけば副業としてやっていけると思います。

センスのある人は、季節や時代の移り変わりに関係なく毎日100人が読みに来てくれる記事を書けるかも知れませんが、管理人的には先が長すぎる、、というのが正直なところです。

スポンサーリンク

ブログと投資を両方やっている管理人の提案

123の階段

目的がお金というのであれば、手段としてのブログは時間がかかり過ぎることと再現性の低さからオススメはしません。

※チャレンジは無料みたいなものですし、ブログ仲間が増えるのは嬉しいので大歓迎です!

確実な不労所とは前述のとおり株式配当金です。あとは必要な資金を労働や節約で用意していく方が確実ですね。

私の2018年度の不労所得といえる配当金が12~13万円程度と思うので月1万円くらいです。必要な金額は約700万円くらいです。

出来れば老後くらいまでには倍に増やしておきたいところです。

年間60万円を副業で稼いで、その間の配当を再投資に回せば10年くらいで700万円分くらいの株式資産は作れます。

月に5万円弱。アルバイトだと週一回のイベント派遣等なら何とかなりそうな気がします。

文字入力が早かったり記事が書けるならクラウドソーシングの ランサーズなどを使えば、自宅で作業も可能です。

ただし、単価を考えるとお小遣い程度を稼ぐのも大変かもしれません。お仕事を受ける画面はこんな感じです。

簡単な仕事の場合、一件数十円から数百円なので、かなり数をこなす必要があります。

ランサーズお仕事画面

もちろん、スキルがあればいろいろな事が出来ます。初期費用等はかからず、リスクといえば登録の手間と何度か試しに仕事をしてみる時間くらいです。

アルバイトと違ってスキルが上がる程に仕事の幅も増えると思うので、チャレンジするには良いかも知れませんね。凄い時代になったものです。

労働所得を重ねて、投資で不労所得へ繋げる。これが私の中では一番の近道と思っています。

歩く赤ちゃん

私は2019年度中に、月5,000円の副収入を目指して頑張っております。いろいろと試行錯誤をしながら、よちよち歩きで前に進んでいきます。

 

まとめ

  • 目的がお金であるなら真の不労所得は株式配当金
  • 副業としてブログで収入を得るにはかなりの時間と労力が必要
  • ブログ自体はリスクも少なく失敗しても自分の時間だけなのでチャレンジはオススメ
  • 労働をして株式を増やしていきながら配当金を増やすことをが確実な道
  • コツコツ派にはブログだけでなくランサーズといったクラウドソーシングでの仕事もある

個人的には20年で500万円くらいを副業で貯めたいと思っているので、そこそこハードルは低めに設定しています。

暗い先行きばかり思ってしまいますが、個人が自由に情報を発信したり、フリーで仕事を簡単に請けられる時代になってきた事でもあります。

生きる幅が広がったともいえます。人生は長いので、老後でもネット一つでお金が稼げると思えば明るい未来が見えてきそうですね。

 

関連記事です。

40代サラリーマンが復業(副業)としてWebライターの仕事を受注したお話し
副業(複業)元年というのでWebライターに挑戦をしました。周りでは誰もやっていないので自分からチャレンジしました!

ブログは小さなコミュニティから初めて小さなビジネスへ繋げる事が出来ます。ブログを通してWEBライティングという収入になった事は個人的に大きな一歩です。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする
タイトルとURLをコピーしました