本を聞いてインプット。Audibleは忙しい現代人の最強アプリ

商品レビュー

現代人は忙しい。これは事実です。時間はあっという間に過ぎていきます。本も読みたいし、色々な情報をインプットしたい。出来れば移動時間や、ちょっとした隙間時間に。

そんな人に一度体験して貰いたいのがAMAZONの本聞き放題サービスでAudible(オーディブル)です。

※2018年9月13日追記
2018年8月28日より聞き放題サービスが終了となりました。コイン制となり30日間で1枚のコインが無料で使えるのみとなりました。
個人的には入会するのはオススメ出来ません。メリットとしてはコインを使ってダウンロードしたものは買い切り扱いで、期間終了後も聞くことが出来るくらいです。

記事の内容はAudible(オーディブル)を実際に使った感想や、聞いている本と所感です。

本を聞く、というと変な感じがしますが、ラジオ講座みたいなものと思って貰えると伝わりやすいかも知れません。通勤・通学時間を情報のインプットに有効利用がしやすいです。

 

私の場合は車での移動が多いので、移動中に使っています。意外と面白いものも多いです。無料期間が30日間あるので、興味が沸いた方は是非お試し下さい。

公式リンクAudible (オーディブル):本を自由に聴こう。|オーディオブック聴き放題サービス

Amazonアカウントがあれば、即会員登録が出来ます。後はアプリを入れて聞きたい本をダウンロードするだけです。

合わせて即解約する方法も記事にしています。記事通りに行えば2分で解約可能です。

Audible(オーディブル)退会、解約方法。スマホからOK。
Audible退会方法を画像を交えて紹介。2分で出来ます。

サービス申し込みと同時に即日解約すれば、期限内まで利用が可能です。期限が来たら自動的に終了します。

スポンサーリンク

どのような本が聞けるのか|投資本もあります

意外と色々なジャンルがあります

 

私が聞いていて面白かったのは下記です。

「賢明なる投資家」

投資本は相性が良いです。残念ながら数がほとんどない事がネックです。この本以外は全面改訂ほったらかし投資術くらいです。

ですが、この2冊を聞くだけで、インデックス投資をしている人は無料期間を十分に満喫出来ます。

ちなみに、分厚くて読むのを諦めた人もいるかも知れません。私も途中で止まったままでした。改めて聞いてみると、やっぱり面白いですね。

 

聞き放題サービスなので、気になったものは何でも聞きます。合わなければ即終了です。

上記2冊は、めっちゃ面白かったです。本で読んだ人も多いかも知れません。

ちなみに、テレビを全然見ない管理人ですが、ウィッシュの人と思っていて、妻と義母にこの本が良かった事を伝えたら、唖然とされました。。

普段の生活でも試してみたくなる事が盛り沢山です。

 

 

完全にタイトルから聞いてみたのですが、圧倒的な面白さです。パンローリング社の本は個人的に相性が良いです。

全く違う作者ですが、二人して初出版という事で、対談が聞くことが出来ます。両方セットで聞くのもオススメです。こちらも日常に活かしたい事がいっぱい出てきます。

 

仕事柄、営業で使えそうなものとかを多く聞いています。ネットマーケティングだけでなく、勿論、対面での営業活動でも使えるネタがあります。

 

営業職といえばコレです。出来ない営業マンが、ふとした事で出会った有能営業マンとのレッスンを通じて成長するドラマ仕立てのストーリーです。本を聞くというのに適したスタイルです。

中身は良くある行動経済学ですが、日常の仕事に落とし込んでの使い方は面白く聞けて良いですね。

 

この人の本は、もう一冊ありました。タイトルで聞いてみても、ぐいぐい引き込まれます。

 

メリットは定額聞き放題。興味のある本を適当にダウンロードして冒頭で面白かったものだけを聞く。合わなかったら即削除。

使い方は、非常に簡単でアプリを入れるだけです。無料登録画面に行くと、Amazonアカウントを入力したら、アプリダウンロードまで一気通貫で終わります。

 

定額制の聞き放題サービスを利用して興味ありそうなら、どんどんダウンロードして自分に合うものだけを聞けば十分かと。

話している声優さんの声やトーンもありますが、合わないものは冒頭10分くらいで終了して、他の本を聞いています。期待していなかった本(失礼)が、思いのほか良書のケースが多かったです。

メンタリストDaigoには完全にやられました。勿論、良い意味で。

アプリをダウンロードしたら、聞きたいコンテンツを落として聞くだけ。簡単な事しか出来ないアプリですし、サクサク動きます。情報インプット中心の人は、音声の速度を変える事も出来ます。

 

デメリットは金額の高さとコンテンツの少なさ…

デメリットは下記2点です。

  • 月額料金1,500円
  • 圧倒的コンテンツ不足

コンテンツが揃ってくれば価値はあると思うのですが、今のままだと契約者は増えていかないだろうなぁ、と思います。

しかし、聞いて情報をインプットしていくというコンセプトは私には非常に合っています。

無料期間で登録して、即退会を設定していれば損する事はありません。

 

まとめ|無料期間中に自分に合うかどうか見極める事は十分可能

  • 本を読む時間の確保が難しい人には向いている
  • 投資本も向いているがコンテンツ皆無
  • 新書系で興味のあるものを中心に試聴して好きなものだけ聞くのは便利
  • 月額1,500円という高さのわりにコンテンツ数が圧倒的に少ない

まだまだ、こんな状況ではありますが、無料期間中に自分にはどうか?と確かめるのは十分です。

私の場合、再度1,500円を課金して継続になりそうですが、興味ありそうなのが減ってきたので終了になりそうです。

もちろん、契約と共に即解約手続きはしておきます。コンテンツが増えてくれば、1,500円も許せるレベルで便利ですので記事にした次第です。

 

関連記事です。

Audible(オーディブル)に向いている使い方
退会したレビュー記事が多いですが私には向いています。

前回、記事にしたのはこんな感じでした。参考までに。