インデックス投資をする前に読んでおくと良い本。おすすめ4点

おすすめ本

2018年に入り、つみたてNISAも始まり、投資をしようと思い始めた人も多いと思います。

でも、どんな投資をすれば良いか分からない。ネットでは情報があり過ぎて余計に悩む。そんな時代でもあります。

本記事は、お金や投資の事で悩んでいる方におすすめしたい本を紹介しています。私の読んだ本だけを推薦しています。

齢をとっている分、投資経験もそこそこあって生き残っている管理人です。投資を始めようと思っている人や最近投資を始めた方が読んでも役に立つはずです。

スポンサーリンク

さらっと読みやすいタイプ

出たばかりの本です。キャッチ-な表紙で投資本っぽくありません。タイトルもちょっと初心者を煽っているように思う人もいるかも知れません。

ですが、内容は抜群に良いです。中盤まで難しい言葉はほとんど出てきません。押し売り的な内容はなく、投資を考えている人から投資初心者に読みやすく書かれています。

当ブログの中でもレビューを書いています。

書評「世界一ラクなお金の増やし方」は投資初心者におすすめの一冊
投資を考えている方におすすめしたい有益な本です。

 

こちらもさらっと読めるタイプです。2015年の本ですが、ここ数年、投資環境が良くなりすぎて紹介されている金融商品より良いものがどんどん出ています。

この本を読んだ後に、更に良い商品を選べば良いでしょう。

内容という面においては、個人投資家の基本原則が非常に分かりやすく書かれています。

投資ブロガーの水瀬ケンイチさんと、経済評論家で楽天証券経済研究所客員研究員の山崎元さんの共著なので、個人投資家目線と投資のプロの目線から、一般人が最適な投資の方法が書かれています。

オーディオブックで聞いたレビューになりますが、記事の一部にレビューしています。

Kindle AudibleとUnlimitedを使った率直な意見
UnlimitedとAudibleの率直過ぎる感想です。

 

内容はずっしりだけど聖書とも言える名著

インデックス投資の経典と呼んでも良い本です。訳者の文章も読みやすく、著者マルキール氏のいきいきとした表情が浮かび上がります。

一回目は流し読みで興味のある部分を読む。それくらいで良いと思います。そこそこお値段がする本ですが、何度も読めますし、これ一冊に投資の本質がブレる事なく書かれています。

なんと初版発行は1973年!

私が生まれる前に既に世に出ていた本です。時代の流れにも色褪せず、今も輝く歴史的名著です。

kindleで買って、アプリで読む方が気になった時に検索しやすくて良いかも知れません。お値段以上の価値を得ることが出来ます。

投資初心者が「ウォール街のランダムウォーカー」を楽しく読む方法
挫折しがちなランダムウォーカーを楽しく読むコツです。

投資初心者だと、本の分厚さや専門用語に圧倒されて読まない、という人もいるかも知れません。面白く読むコツを紹介しています。

 

こちらもウォール街のランダムウォーカーと同じく歴史的名著。どちらかというと、保守的で損をしたくない人が読むのをオススメしたいです。個人的には敗者のゲームの方が好きです。

また、同じく一回目は流し読みで興味のある部分のみ読んで、何度も読むというタイプの本です。

 

上記2冊があれば、ほとんどの方のインデックス投資に対する理解は深まるでしょう。また、投資をギャンブル等に思っている方は考えが180度変わるはずです。

 

年金も期待できず、将来への不安も大きい昨今ですが、記事で紹介したどれか一つでも読むとお金の不安という点はきっと晴れ晴れする事でしょう。

 

関連記事です。

資産形成まとめ
初心者向けや株式の基礎など、カテゴリー分けしていますので必要に応じてお使い下さい。2018年9月13日更新しました。

資産形成に関するまとめページです。もし宜しければ気に入る部分を読んで頂けると嬉しいです。