つみたてNISAは2037年まで。2019年からだと19年しか使えない。急げ!

資産形成 お金と投資

我が家は通常NISAを月末に積立設定していて、年末にそちらが反映されてしまい2018年度のつみたてNISAは使えず通常NISAの状態になっています。

同じ轍を踏まない為にも、つみたてNISAの口座開設を急ぐことをお勧めします。つみたてNISAの口座開設はとりあえずしておくべき、というお話しでもあります。
スポンサーリンク

始めた時期から20年間なんじゃないの?

非課税期間は20年間です。ですが、投資信託を購入できるのは2037年末までとなります。

つまり2038年以降はつみたてNISA枠での投資信託購入は出来ないという事です。

ななし
ななし

我が家では2019年から2037年の19年間、非課税利用枠は760万円となってしまいます。

 

ブログを見ていると、最大枠の20年×40万=800万円は使えるところまで書いていますが、あまりこの部分に言及している記事が少なく、とりあえず記事にしておこうと思いました。

 

念のため、金融庁のホームページを貼っておきます。

つみたてNISAの概要 : 金融庁
つみたてNISAのしくみや投資について基本から解説します。まずはつみたてNISAの全体像を把握することからスタートしましょう。

-引用-  太字赤字は管理人追記

投資可能期間(口座開設期間)
一般NISAおよびジュニアNISAは2023年まで、つみたてNISAは2037年までです。口座を開設した人は、期間終了まで毎年、非課税投資ができます(投資可能期間)。また口座を開設していない人は、それぞれ2023年、2037年まで口座を開設することができます(口座開設期間)。

 

とりあえず口座を作っておいて、後で満額埋める手段はあります。急げ!

つみたてNISAはその名の通り、積立投資のツールです。

たとえば10月から使えるとすると最大枠40万円÷12ヶ月の33,333円、これを残りの10月から3か月で約10万円しか使えません。

ただし、ここらへんは逃げ道なんていくらでも用意されています。

ボーナス追加時期とかの設定があるので、その年だけボーナス枠で埋めてしまう事も可能です。

上の事例だと約30万円をボーナス一括で埋める感じですね。

ドルコスト派の方にすると、そんなに一気に入れるのは嫌だとなるかも知れませんが、20年というそこそこ長期間の投資なので問題ありません。

月々ドルコストも年一回まとめて買い付けも、そこまで大きくリターンの差にはなりません。

ここらへんはイボットソンが出していたのですが、投資サイトを良く見ていたのが10年以上前なので出典が出てきません。

興味がある方は調べてみると参考になるかも知れません。リバランスを頻繁にするよりも年一回程度の方が効果があるのと絡めると理解しやすいです。

 

まとめ

  • つみたてNISAの投資可能期間は2037年
  • 非課税期間20年のイメージが強いが投資可能期間が決まっている
  • 2019年からの利用だと、19年×40万円=760万円しか利用が出来ない

もし間違い等ありましたら、ご連絡下さると嬉しいです。私の勘違いだったら即記事を書き直します。そして20年800万円使えることに大歓喜することでしょう。

私のような失敗例は少ないかと思いますが、来年からにしようかと思っている人はとりあえず申請だけでもしておくと良いのは間違いありません。

 

雑談

我が家は上記に書いたように、通常NISAが反映されてしまい、本年度はつみたてNISAが使えません。

積立を27日にしていたのが原因で、つみたてNISAを作らず悩んでいたら2017年の12月27日の買い付けは2018年度分として取り扱われてしまい、2018年度はめでたく通常NISAしか使えない状況となりました。

非課税枠5年しかありません。。。下手するとマイナスでの確定を喰らいかねません。

とりあえず怒りに任せ2018年1月初旬に80万円くらいVTI投信を突っ込んでおきましたが、その後の結果は皆さんが思い浮かぶ通りです。

株式リターンの期待値と、上がるか下がるかの未来が読める人間はいないので問題ありません。気分的にマイナスは嬉しくありませんが。

 

失敗したな、と思うのは海外ETFが使えるし配当も非課税享受できるので、HDVにしておけば良かったという事くらいでしょうか。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期世代の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする