子供が出来た時に不安だったお金の事。将来お金に困らない為の行動。

赤ちゃんの画像 ジュニアNISA

我が家は幸いにして子供を授かる事が出来ましたが、子供が将来お金に困らないか心配でした。

同じような事で悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

記事の内容はお金に対する不安を解決したお話しです。

将来の不安は誰にでもあります。子供の将来は特にです。お金に対する不安が少しでも楽になれば幸いです。

スポンサーリンク

どんな事が心配だったか

氷河期世代の私は日本の将来が明るく希望に満ちあふれた感じは期待が持てなかったので、子供が成人後に生活に困窮しないか、という事でした。

反面、自立するまでの教育費等については、万全ではないもののそこまで心配はしていなかったように思います。

親の収入に合わせて、出来る限りの事しか出来ない、という考えもあったのかも知れません。

ここらへんは、生まれ育った環境が大きいと思います。私の場合は、裕福でも無かったものの、貧困ではありませんでした。

また、私の仕事が途絶えても、『夫婦二人でパートでも何でも働きさえすれば食べていくことに困ることはない』と言い切った妻の言葉が支えになりました。本当に感謝しています。

では、自立した後のお金ですが、これは一撃で回答になります。

 

将来の心配は投資信託を長期保有させておく事で解決しました

いつもの複利計算機に登場して貰います。100万円でも65歳には中小企業の退職金よりは頼りになりそうです。2000万円って利根川さんが命より重いと言っていた金額ですね。

将来の事は分かりませんが、分相応の生活と金銭感覚さえ教える事が出来れば十分かなと楽観しています。老後の心配をせず生きていく事だけを考えれば世の中なんとかなるでしょう。

私は最初に30万円分の投資信託を用意して、残りは積立設定しています。ですので、上の図よりは少し減る事になります。

今ならジュニアNISAが使えるので、もっと有利な状況です。

100万円は小さくない金額ですが大きすぎる金額でもありません。若い世代でも用意出来ないレベルでは無いと思います。

親に頼っても良いでしょうし、自分たちの贅沢を諦めれば何とかなるでしょう。自立した子供の稼ぎが良くなくても老後まで株式を保有していれば、それなりの金額になります。

未来の株価は分かりませんが、まだまだ人口は増え、世界中で様々な企業が活躍して、発展を続ける事でしょう。

経済的発展が株式の直接的なリターンではありませんが、超長期で見れば株式投資というリスクに対するリターンは債券よりは期待しても良いはずです。

複利計算機にいれた5%という期待値もピケティ氏の言い分通りなら中々良い数値と思います。

今ならジュニアNISAで低コストの外国株式インデックス投信かS&P500連動投信を100万円を購入しておけば良いでしょう。

個人的なまとめ

ネットでは、結婚は墓場とか、夫はATMとか言われていますが、裕福でない人ほど結婚のメリットは大きいと思います。

少子化が懸念されたりしていますが、競争が少なくなる分、子供にとっては生きやすい世の中になるかも知れません。新卒は売り手市場が続いているようですし。

ななし
ななし

不安にさせる情報が溢れていますが、ポジティブに考えられる事もありますよね。

余談

最初に子供に用意した投資信託は信託報酬0.5%以上のダウ投信と、0.25%くらいの外国株式投信です。共に特定口座です。S&P500投信なんて無かった時代です。

元本割れになる事があればS&P500に乗り換えると思いますが、投資先の名称も覚えていないくらい見ていません。本来、投資なんてコレくらいで良いのだと思います。

関連記事です。

結婚についてのメリット
結婚の経済的メリットについてのお話しです。

ネット上では結婚のイメージが人生の墓場的に書かれていますが、私は結婚して良かったと思う事が多いです。(我が家は、私、妻=専業主婦、子の3人で何とかやり繰りしています。)

恋愛などは別にして、経済的メリットについて書いています。

この記事を書いた人
ななし

超就職氷河期の零細勤務サラリーマンです。大阪生まれ大阪育ち。たまに関西弁が出ることも。
生きるために節約と投資をしていたら年収300万円非正規スタートでも何とか老後が見える金額が貯まってきました。自分は緩く働き、お金にも働いて貰って一人前を目指しています。

当ブログが皆様の生活やお金のことに役立つと嬉しいです\(^o^)/

ななしをフォローする